陣内孝則、主演起用の裏舞台

NewsCafe / 2014年7月7日 18時0分

ヒット中の映画「超高速! 参勤交代」で悪老中を好演する俳優、陣内孝則(55)の噂が聞こえてきた。
「一部マスコミの報道で変な噂が錯綜しています」とはスポーツ紙記者。
陣内といえば7月クールのドラマ「獣医さん、事件ですよ」(日本テレビ系)で7年ぶりに連ドラ主演を務めているが、何があった?
「昔、ドラマの撮影現場で激怒して帰ってしまったことが、『獣医さん-』の現場を放棄したように錯覚されています」
ほぉ、詳細は?
「かつて陣内が米倉涼子(38)主演のドラマ『交渉人Ⅱ』(2009年、テレビ朝日系)に出演した時、ロケ現場の都合で、米倉が個室だったのに、陣内は昼食休憩時にエキストラと一緒の大部屋になったことにハラをたて、勝手に現場から引き揚げた、と。事情を知ったスタッフがあわてて呼び戻したところ、スタッフに『お前ら、ナメてんのか!?何でオレがエキストラとメシを食わなきゃならねえんだ!?何年やってると思ってるんだ!?』と激怒したんです」
気短い感じだもんね。
「大声だったから皆にも聞こえてしまい、現場がドン引きした、その昔話を蒸し返されました」
陣内はロッカー出身でやんちゃな面があるが、最近は大人しくなったと聞くが…。
「この話がネットで拡散するにつれ、『獣医さん-』の現場を放棄したように伝わっていますが、陣内は主演とはいえ事実上、娘役でドラマデビューする吉本実憂(17)のバーター。腰を低くしているはずです」
吉本は2012年の国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した、大手プロダクション・オスカーの新人だ。陣内は個人事務所のはず。なぜ、バーターと?
「昨年からオスカーと業務提携しているんです。だから吉本も陣内もそろってNHK大河『軍師官兵衛』にも出演します(笑)」(先の記者)
今後はオスカーのゴリ押し女優たちとの共演が増える?

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング