木村拓哉、夫婦で激怒…

NewsCafe / 2014年8月5日 18時0分

経営の神様・松下電器(現パナソニック)創業者の松下幸之助(享年94)に始まり、勝海舟(享年76)や西郷隆盛(享年49)など歴史的偉人まで…霊界にいる彼らの言葉をまとめた「霊言本」を出版している幸福の科学総裁・大川隆法氏(58)が、SMAP・木村拓哉(41)の霊言本「俺が時代を創る理由」を発売した。
これについて、「キムタクは非常に怒っている」と言うのは芸能ジャーナリスト。
「キムタクの霊言は、信者のリクエストにより今年の3月、教団施設で行われました。大川氏は90分間にわたって教団職員を相手に、キムタクの守護霊になりきって話しています。今回はそのときの録音をもとに書籍化したそうです」
どんな内容?
「それが大川氏はお笑いタレントじゃないかと思うほど、笑える内容なんです。まず、キムタクの霊は不機嫌そうに出てきて、その理由は大川氏の公開霊言にどっちが先に出るかで、関ジャニ∞の錦戸亮(29)の守護霊とキムタクの守護霊がケンカしていたからだ、と説明した。呼ばれてもいない守護霊が出てくるって変ですよね」
そりゃそうだ。
「その後もキムタクの霊は言いたい放題で、質問した若い女性職員に『ちょっと胸、開き過ぎてますよ。それはクリップで一つ止めないと、宗教ではちょっとNGだね。開けるなら全部開けなきゃだめだな。脱いでみようか?お互いに』と完全なセクハラモードです」
木村の名前をかたってやりたい放題だ。
「一番ひどかったのは工藤静香(44)との結婚についてです。『あんまり美人と結婚すると、人気が落ちるから静香を選んだ』と、妻がブスだったからファンから嫉妬されなかった趣旨の説明をしました。この話は静香の知るところとなり、夫婦でカンカンに怒っているそうです」
そんな発言、問題にならないの?
「もちろん本人が言ったというなら大問題になりますが、なにせ守護霊ですから無責任な発言をしても法に触れることがない。まさに盲点を突いた商売なんです」(先のジャーナリスト)
公開霊言は、木村以外でもアップルコンピューター創業者のスティーブ・ジョブズや麻生太郎元首相など多くの有名人が対象になっている。有名税ではすまない事態と思えるが、守護霊が原因で夫婦仲が悪くなったら、どう責任取るの、大川さん?

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング