【ウラ芸能】柴田英嗣、起死回生は絶望的

NewsCafe / 2014年8月15日 15時0分

記者「お笑いコンビ、アンタッチャブルの柴田英嗣(39)には本当に幻滅しました」

デスク「2010年に不倫がバレて謹慎処分として芸能活動を1年間休止。最近は復活してちょいちょい不倫ネタを披露して食いつないでる感じだけど、何があった?」

記者「先日も、柴田は最近話題になっている『SNS不倫』をテーマにしたイベントに司会として出席したんですが…」

デスク「『不倫はよくないと身をもって感じた。ドラマの結末は1年休業だから』って自虐ネタを披露して笑いをとってたってな」

記者「囲み取材では、謹慎が明けて3年半が経ち、そろそろ相方の山崎弘也(38)との活動再開は? と質問が飛びました。しかし、柴田は『そろそろですかね、でも何とも言えないですけど』と要領を得ない答えでした」

デスク「何がひっかかるの?」

記者「山崎はそもそも、柴田のテングぶりや女性トラブルについて再三、注意してきた。温厚な山崎がさすがに『いい加減にしろ!!コンビは解散!!』と怒鳴った話は業界では有名です」

デスク「柴田の謹慎を機にピンになった山崎が運良く売れたから、『もうコンビでなくてもいい』と言ってるんだろ。山崎の気持ちは分かるよね」

記者「売れた、売れないの話でなく、問題は柴田の矛盾というか、いい加減な人間性です」

デスク「活動休止は表向き、健康上の理由だったけど、結局は女性問題のこじれが原因だったとバレてからは示談金を払った・払ってないと番組によってコメントがバラバラだ」

記者「ここにきてコンビ復活はありえないのに、『そろそろ』と平気でうそぶくあたり、柴田にはガッカリさせられます」

デスク「山崎に直撃取材したら一発じゃん」

記者「ハイハイ、行ってきますよ!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング