【ウラ芸能】May J.が作戦変更?

NewsCafe / 2014年9月6日 15時0分

デスク「ディズニーアニメ『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go~ありのままで』で時の人っぽくなった歌手のMayJ.(26)だけど、気の毒になるぐらい叩かれまくってるね」

記者「主題歌とアフレコを担当した女優、松たか子(37)が表舞台に出てこず、エンディングを担当したMayJ.が出まくっているのが遠因ですね」

デスク「松も罪だな。松が出てくればMayJ.だって『お前じゃない』コールを浴びずにすんでたのに」

記者「どうでしょう。松が出ていたらさらに日陰の存在。『自分はオーディションではなく、ディズニーからオファーされて歌った』とアピールするでしょう」

デスク「NHK紅白に出るのか出ないのか知らんけど、これほど聞かされるとさすがに飽きてきた」

記者「それはデスクだけじゃありませんよ」

デスク「うちのカミサンも、うんざりだって言ってたもんな」

記者「そんな声が多いせいか、最近は封印して、もったいつける作戦に出始めたとも言われています」

デスク「あ、そうなの?」

記者「例えば、大学受験生を応援するイベントに、May J.は『ディズニー映画の主題歌を歌う夢を叶えた』として呼ばれたんですが、なぜか歌ったのは合唱曲のカバー『Believe』でした」

デスク「あらら、そういう場でこそ『Let It Go』がふさわしいのに」

記者「今後の夢を聞かれた時も『歌を通じて笑顔を届けること』と。本音は『紅白初出場』でしょうね」

デスク「カバーソング歌手って言われてて、オリジナルのヒット曲もないしね」

記者「紅白はいまや、その年のヒット曲がない歌手の方が多いぐらいですから、May J.も大丈夫です」

デスク「『Let It Go』ばかりじゃなく、他の曲を歌ってもうまいことを示したいんたろうけどね。まぁ、もったいつける作戦が吉と出るか凶とでるか」

記者「紅白の出演者発表が楽しみです」

デスク「やっぱり松! 松! 松!」

記者「はぁ…」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング