芹那、キャラ変更で迷走中

NewsCafe / 2014年9月8日 18時0分

ぶりっこタレント、芹那(29)が壁にぶちあたっているという。
「仕事が激減して開き直りつつも、三十路を前にキャラ変更を考えているようです」とは女性誌ライター。
芹那といえば、芸能人や芸人らの名前をあげての「口説かれた自慢」が定着していたが、そういえば最近はテレビ出演が減っているため、自慢話を聞かなくなった。
「今年は全盛期に比べると半分以下ですね。目立っているのはかろうじてレギュラーの『PON!』(日本テレビ系)ぐらいでしょうか。数カ月前に出演した『今夜比べてみました』(同)では『友達がいないので寂しい』『生まれ変わりたい』と悩みを打ち明けていました」
強気な女子から本当は寂しい女子にキャラ変更か?
「キャラだけではなく、『PON!』では、『いいトシして肌を露出しすぎ』と指摘があったらしく、今後は服装を変えるといったことを告白していました」
確かに三十路になってからの強気ブリッコはイタい。
…そいういえば、昨年はタレントの小池徹平(28)との熱愛が噂になったが、あれは一体どうなった?
「芹那の売名行為みたいな扱われ方で、露出が減ったことに合わせて自然消滅した感じですね。業界では『芹那に関わると面倒になる』と、距離をとるように事務所関係者から注意されたタレントも多いようです」
この先、どういう路線で生き残るつもりなのか。
「現在は仕事が減っていることを自覚しており、『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演した時は、その点をツッこまれたんですが、『会社の人に、いつまでニートしてていいのかと聞いている。仕事がきたら一生懸命やればいいし、こない時は別にいいやって感じ』とのスタンスらしいです」
そこまで言うか?!
「ぶりっこと言われていることも自覚しつつ、『アンチが多いほど逆に見てくれる人が多いんだと、プラスに考える』という戦略です」
強気な部分だけは性格だけにキャラ変更はできないようだ。
「ただ、『同性に好かれたい』と言ったあたりは本心でしょう。問題はいつまであの甘えたしゃべり方や笑い方が通用するかということ。道は厳しいでしょう」(先のライター)
残るは玉の輿結婚しかない?

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング