板尾創路、問題つぶやきの中身

NewsCafe / 2014年9月18日 17時0分

お笑いタレント、板尾創路=いつじ=(51)のツイッターが物議を醸している。
「東京・代々木公園でデング熱感染者が出たとの報道に対して今月6日、突如この報道への疑問を寄せるツイートをしたんですよ」とはお笑い番組の放送作家。
こうした社会的な問題に気軽に発言すると、一般人でも大ヤケドする時代である…。
「あまりにも突飛な内容で、俳優で参院議員の山本太郎(39)のようになることを心配する声すら出ています」
そんなに過激なことを言ったの?
「板尾は唐突に『TVの仕事をしてる私が言うのも変ですが、ニュース番組であっても鵜呑みしてはいけません。冷静に自分の身は自分で守ってください! 政府というのは恐ろしいです…』とツィートしたんです」
どういう意味だろ…?
「何に対して『恐ろしい』と感じているのか具体的に言っていませんが、デング熱騒動をでっち上げと批判するブログのリンクを紹介しているんです」
へぇ~。トンデモ系の話かな?
「板尾が紹介したブログでは、デング熱騒動はヤラセだと主張。デング熱が異常なほど騒がれている背景には、9月半ばに代々木公園で予定されている反原発集会から国民の目を逸らす目的があるのではないかと、政府主導のデング熱騒動を疑っています。板尾もその考えに同調した、ということです」
そう思った根拠は?
「代々木公園にはホームレスがたくさんいるのに、彼らがデング熱に感染しないのはおかしいと思ったみたいですね。実はデング熱は数年前から感染者が出ていて、それも政府が隠していたと板尾は疑っています」
なるほど…。かなり政治的な発言とも思える。
「所属事務所・吉本興業は板尾のように政治的な発言をするタレントを非常に嫌います。第一、原発関連の発言をするタレントは、テレビ局のほうから敬遠されます。おそらく、板尾は今後仕事を干される可能性が高いでしょうね」(先の作家)
板尾も山本のところに合流し、反原発同盟結成?!

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング