結婚・仲間由紀恵に意外な「軍師」

NewsCafe / 2014年9月23日 17時0分

先に、俳優、田中哲司(48)との結婚を発表した女優、仲間由紀恵(34)。
2003年の共演を機に出会い、07年ごろから交際をスタート。09年の熱愛報道から実に6年越しの愛を実らせたが、その間の仲間の事情について芸能リポーターが解説する。
「婚姻届提出前から同居をしていると聞きますが、もっと早く結婚したかった仲間を事務所が止めていたのです」
そのあたりを詳しく…。
「仲間のマネジャーは、デビュー当時から一貫して事務所社長が信頼を置くベテラン女性で、仲間に変な『虫』がつかないよう、四六時中目を光らせていたのです。三十路半ばも近づく中、彼女の気持ちが揺るぎないということで、田中との関係を了承された。そして、今月で終了するNHK朝ドラ『花子とアン』の蓮子役がヒロインの吉高由里子(29)演ずる花子を上回るほど話題になったこともあって、事務所も首を縦に振ったということです」
一部では、大みそかのNHK紅白歌合戦の司会に仲間は確定しており、そこにNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」に出演する田中も応援に駆け付け、夫婦共演実現との見方もされているが…。
「NHKも話題作りにそうした演出は考えているようですよ。それはともかく、実は、仲間が事務所に結婚を承諾してもらえない間の悩みを意外な大物に相談していたのです」
大物…というと?
「女優の泉ピン子(67)とタレントで歌手のモト冬樹(63)です。泉とは2007年にドラマ『ジョシデカ!』(TBS系)で共演して以来の仲で、仲間は泉を『芸能界の大先輩』『芸能界の姉』として慕っている。田中との交際が本格的になったのもちょうどこの頃で、泉が仲間に事務所への交渉の仕方や自身の経験から、浮気をしたら念書を書かせるように(笑)、などとアドバイスしていたといいます」
それは本当に意外な相手だ。
「また、仲間は極度の人見知りで、芸能界だけでなく、15歳で沖縄から上京してきたこともあってプライベートでは同世代の友人がほぼいない。引っ張ってくれる年上の人間についていくタイプ。特にモトにはかなり懐いていて、モトの呼び出しにはほぼ断らないらしい。売れっ子で、かなり忙しい身ながら、モトから声がかかると不便な場所でもやってくるそうです。事務所もモトだったらと、黙認しているそう。それを自分が嫌ではないらしいというんだから、かなりのマゾなんでしょうか(笑)」(先のリポーター)
今後、夫婦の間が微妙なことになったら"軍師"役のピン子やモトはどうアドバイスするか…。

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング