【ウラ芸能】カトパン、体調不良のカゲに大物タレント?

NewsCafe / 2014年11月2日 15時0分

記者「この前、本番中に発熱して体調を崩し、『めざましテレビ』(フジテレビ系)を途中退席した『事件』があったカトパンこと加藤綾子アナ(29)なんですが…」

デスク「その後は回復したみたいだけど、裏で何があったんだ?」

記者「実は週刊文春の『嫌いな女子アナ』アンケートで1位となったことを気に病んでいるようなんです」

デスク「カトパンは2年前まで好きな女子アナでトップだったよね」

記者「それが今では完全な"嫌われ女王"なんです」

デスク「どうしてそうなったの?」

記者「それは、明石家さんま(59)のせいです。彼女がレギュラー出演するさんまの『ホンマでっか!?TV』(同系)でしたたかな女のイメージがついてしまったことが原因でしょう」

デスク「どうして、そんなイメージが?」

記者「さんまが、男を惑わせるカトパンの仕草や媚び方を暴露し、それを長い間ネタにしたわけです。単なる作りキャラであれば、視聴者も納得したのでしょうが、彼女の場合はプライベートの振る舞いに女っぽさが出過ぎてしまった」

デスク「確かに、しぐさが色っぽい!」

記者「さんまはカトパンを徹底的に観察してネタを作ったので、かなり説得力があった。さんまの理論を『なるほど』と思った視聴者が、敏感に反応して嫌悪感を持ったわけです」

デスク「うん…それで?」

記者「文春読者の半分は女性ですから、同性から嫉妬を買って嫌われた可能性が高いですね。特にダルビッシュ有(28)との熱愛疑惑も非常に印象が悪かった」

デスク「ああ、分かってきたぞ…」

記者「カトパンに限った話ではありませんが、ダルビッシュと交際疑惑が出ると、『名声や金目当てのずるい女』という印象が強くなり、好感度が激減する。逆に貧乏なお笑い芸人と噂になったとしてもカトパンなら『金で男を釣った汚い女』と批判されるでしょうが…」

デスク「そんな悪評のあれやこれやでストレスがたまったってか…」

記者「そして、眠られなくなって体調不良になった…と」

デスク「テレビに映る表情だけではそこまで言うのはちょっとなあ…。もうちょっと材料探して来いよ」

記者「ヘーイ…」

NewsCafe

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング