節約志向強まる…みんなが実践している「賢いポイントの貯め方」(前編)

NewsCafe / 2014年11月21日 12時0分

写真

節約志向強まる…みんなが実践している「賢いポイントの貯め方」(前編)

消費税の増税により、家計が厳しくなっている。日経新聞によると、既婚女性1000人に行ったアンケート調査で92%が「節約する」と回答したとのこと。

上手に節約するために活用したいのが、買い物をするとたまる「ポイント」。スーパー、ドラッグストアや航空機など、利用すればポイントが付与されるサービスは多種多様だ。
編集部アンケートで読者にポイントをためる方法を尋ねたところ、数多くの回答が寄せられた。その中からいくつかを紹介する(前編)。

■「5倍・10倍」をうまく使う

楽天カードを使い、10店舗10倍セールの時に楽天ポイントをためました。トラベル、本、楽天BB、ガソリンやETCは楽天カードでためています。カードはたくさん作るとポイントが分散してしまうので注意。スーパーでは3倍デーや5倍デーの時にまとめ買いをしてポイントをためます[女性/50代/会社員]

まず欠かせないのが、その日に買えばポイントが数倍にUPするポイントデー。定期的に決まった日にポイントが数倍になることが多く、ここを活用しない手はない。イオンやゆめタウンなどのスーパーやドラッグストアのツルハドラッグなどでは、クーポンアプリ「カタリナ」がスタート。アプリ上でクーポンとして掲載されている商品を選んでおくと、購入時に自動的にポイントがたまる。ポイントサービスは組み合わせて有効に使いたい。

■ドラッグストアを活用

薬だけでなく日用品や食品など何でもそろっているドラッグストアは便利です。鮮度が命の魚や肉以外ならドラッグストアを利用することが増えましたね。土日がポイント5倍デーだったりするので、そういう日を上手く使えば結構たまりますよ。ポイント交換の商品も、6000ポイントとか貯まると…そこそこ、いい商品に換えられます[女性/40代/その他]

意外とポイントを活用できるのがドラッグストア。ためたポイントで景品がもらえたり、現金に交換できるところも。毎日通うわけではないのでついつい現金だけで支払ってしまいがちだが、購入する商品単価は意外に高くなることが多い。ポイントがたまりやすい場所といえるだろう。

■通販で航空機マイレージポイントをためる

ネット通販を利用すると、楽天ではANAマイレージ、AmazonではJALマイレージがたまります。支払いもEdyにしてクレジットカードでチャージすると、ダブル、トリプル、それ以上にたまりますよ。使い分けて効率良く貯まるように考えるのは楽しいです[女性/40代/会社員]

出張や旅行などで航空機を使う人におなじみの「マイレージ」だが、クレジットカードや通販を活用することで、飛行機に乗らずともマイレージをためて航空券などに換える「陸マイラー」が増えている。旅行好きにはたまらない。

あなたはいくつのポイント活用術を実行しているだろうか?上手なポイント活用でスマートに節約生活を乗り切ろう。


NewsCafe

トピックスRSS

ランキング