あなたの周りにポイントの達人はいる?「賢いポイントのため方」(後編)

NewsCafe / 2014年11月26日 12時0分

写真

あなたの周りにポイントの達人はいる?「賢いポイントのため方」(後編)

消費税の増税により、家計が厳しくなっている。日経新聞によると、既婚女性1000人に行ったアンケート調査で、92%が「節約する」と回答したとのこと。上手に節約するために有効なのが、買い物でついてくる「ポイント」をためて活用する方法。
「前編」で登場したアプリ「カタリナ」を使ってみたところ、食料品など1回の買い物で150円分のポイントが還元され、驚いた。こういったツールを上手に使うのがポイント達人への近道だろう。
「後編」でも、読者が実施しているポイントをためる方法をいくつかを紹介しよう。

■ボーナスポイントを狙う

生鮮食料品以外で、他店と同じ値段ならボーナスポイントのある商品を買います。ポイントを金額に加算してみて割高かどうかは要確認。ポイントがなくても安い他店で買ったほうが良い時もあります。毎月末お金がピンチの時は、閉店間際の半額狙いでポイントを使います。数千円の買い物をタダでできるので助かっています。エコバックやリサイクルなどでエコポイントをくれるところもあり、もれなくためます。ただし安くてもポイント対象でも必要がないものは買いません。[女性/50代/主婦]

お店ごとにボーナスポイントがある場合は、詳しく調べて見落としがないようにしたい。お店によってはエコバッグ持参など環境に配慮した行動をすることでエコポイントを付与しているところもあるようだ。

■乗るたびにポイント

東日本旅客鉄道の「Suicaポイント」や東京地下鉄の「メトロポイント」もありますが、オススメは都営交通(東京都交通局)の「ToKoPo」です。交通系ICカード「PASMO」が必須となりますが、東京都が運営する都営地下鉄、日暮里・舎人ライナー、都電荒川線、都営バスに乗車するたびにポイントが貯まります。※定期券区間はポイント付与対象外です[男性/20代/会社員]

東京都内限定となるが、「ToKoPo」は1乗車につき2ポイントがたまり、土日に使ったり乗り継ぎするともらえるボーナスポイントも。1ポイント1円でチャージできる。

■ガソリンスタンド・デパートでためる

父はガソリンスタンドでカードで支払いますが、毎年たまったポイントで商品券をもらって買い物します。 [女性/10代/学生]

地方に住んでいる人は特に自家用車が手放せないもの。1Lの給油で1ポイントたまる場合が多い。最近はTポイントや楽天ポイントなどとポイント交換ができるので、ポイント使用の用途が拡大。

あなたはいくつのポイント活用術を実行しているだろうか?上手なポイント活用であなたもポイント達人になろう。


NewsCafe

トピックスRSS

ランキング