「カタリナ」アプリで実践 毎月2000円節約できた主婦の体験談

NewsCafe / 2014年12月8日 12時0分

写真

「カタリナ」アプリで実践 毎月2000円節約できた主婦の体験談

「ウーロン茶2リットルを1本買うと、20円分戻ってきたこともあるんですよ。たまご、ヨーグルト、ガムにハミガキ粉、これらを買って昨日は100円分戻ってきました。こんなサービスがあるんだ!と、最近ママ友とも話していたんです」

大手スーパーのイオン、マックスバリュ、ピーコックストア、マルナカやゆめタウンなどで使えるクーポンアプリ「カタリナ」が7月よりスタートした。10月末からは、ドラッグストアチェーンのツルハドラッグ、くすりの福太郎、ウェルネスやウォンツでもサービスを開始。
日常の買い物で使えるクーポンサービスはこれまでそれほどなかったが、このアプリを使えばクーポンがより身近になるかもしれない。

冒頭の言葉は、編集部が実際にアプリを使っている主婦に聞いた感想だ。

東京都板橋区に住む佐藤朱美さん(仮名・38歳)は、2人の子どもがいる専業主婦。夫は都内の金融会社に勤める会社員だ。毎月の食費には5万円ほどかかっている。日々の食料品などの買い物は、もっぱら近所のイオンに行くことが多い。月に4回から5回ほど行き、まとめ買いをしている。

スーパーで買い物をするとき、少しでも安く買いたいと思い新聞の折込チラシをチェックする人も多いのではないだろうか。朱美さんもそのひとりで、少しでも安くお得に買うために、チラシは欠かさずチェックしていた。

特売の日を狙うのはもちろん、200円ごとに1ポイントためるために電子マネーのWAONでの支払いも欠かさない。ところが、今年の夏からはさらにお得に買うことができているという。

友人に教えてもらったクーポンサービス「カタリナ」アプリを使っているのだ。

みりんやしょうゆなどの調味料、ウーロン茶やヨーグルトなどの食料品、普段からスーパーで買う商品をこのアプリを使って買うと、WAONでポイントが付与され、1ポイント1円でお金が戻ってくる仕組み。商品は日々追加されているので、買い物に行く前は必ずアプリをチェックし、事前にアプリ上で買いたい商品を選択しておく。それだけで、レジの支払い時にはアプリを見せる必要はなく、手間もかからないのも気に入っている。

たとえば、朱美さんのある日の買い物のうち、クーポンを使って買った商品を見ると…

・キリ クリームチーズ6個入り(およそ300円)
(20ポイント還元)
・うちのごはん おそうざいの素 なすの肉味噌炒め(およそ200円)
(30ポイント還元)
・キレイキレイ 泡ハンドソープ 詰め替え用(およそ300円)
(50ポイント還元)
・マルサン みそ職人旨味贅沢400g(およそ300円)
(50ポイント還元)
・伊藤ハム 朝のフレッシュロースハム148g(およそ300円)
(30ポイント還元)
・日の出昔ながらの本みりん400ml(およそ300円)
(30ポイント還元)
・プチダノンりんご(およそ200円)
(30ポイント還元)
・クロレッツ ボトル150g(およそ600円)
(50ポイント還元)
※上記は2014年10月時点での商品であり、現在の対象商品はアプリ上で確認できる

この日買ったもののうち、付与されたポイントは全部で340ポイント。そのうち「カタリナ」アプリでたまったポイントは290ポイント。WAONで290円分がアプリで還元されたことになる。WAONのポイントは他の提携先で使うことも、もちろん可能だ。
「カタリナ」を使いはじめて2ヶ月。朱美さんは使う前よりも月に1500円~2000円浮いているとのことだ。


NewsCafe

トピックスRSS

ランキング