【ウラ芸能】江角マキコ、残された道

NewsCafe / 2014年11月17日 15時0分

記者「タレント、長嶋一茂(48)邸への落書き指示疑惑で窮地にある女優、江角マキコ(47)なんですが…」

デスク「娘は結局、青山学院から都内のインターナショナルスクールに転校させたはいいけど、仕事のほうは黄色信号なんだろ?」

記者「疑惑のほうも、一茂が警察への被害届を取り下げていないらしく、未だに解決していないようです」

デスク「女優業はピンチだね…」

記者「そこで起死回生の策を練っているようなんです」

デスク「脱ぐってか?!」

記者「まあ慌てずに聞いてください。実は来年7月、フジテレビ木曜10時枠のドラマで主演を張るという情報があるんです」

デスク「あの枠は今年、上戸彩(29)や吉瀬美智子(39)が出た『昼顔~平日午後3時の恋人たち』だから…」

記者「そう、かなりのエロ度になるでしょう。そもそもは、江角自らが企画を持ち込んだようです」

デスク「へぇ~」

記者「フジ側もかなり迷ったのですが、江角の熱意に負けたようで放送コードギリギリの場面に挑戦するのを条件にゴーサインが下りたようです」

デスク「江角にとっては数少ないレギュラーだった『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)も年内降板が噂されるし、火曜レギュラーの『バイキング』(フジ系)も来年3月には打ち切りだろ…。なりふり構ってられないもんな」

記者「女優生命の危機脱出のため、ブラチラ、パンチラ、ディープキスを武器に官能的な不倫妻を演じるでしょうね」

デスク「どんな内容になりそうなの?」

記者「娘の婚約者と関係を結ぶというアブナイ母親役で、娘の恋人とのセックスシーンを娘に目撃され、そこからは泥沼の愛欲に突き進む…とか」

デスク「かなりのドロドロぶりが期待できるね」

記者「でも、江角が望んだ役柄なんですよ。江角は演技が下手だし、美貌ともいえない。ここは汚れ役で世の注目を浴びるのが一番いい作戦だと悟ったわけです」

デスク「イメージチェンシで゛起死回生ってか」

記者「というより、地に落ちたイメージを払拭するために必死なだけ。このまま消えてしまうのが悔しいのでしょう」

デスク「実現しても数字が取れなかったら、最後の悪あがきかもね…」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング