【ウラ芸能】菅原文太さん、政権揺るがす発言

NewsCafe / 2014年12月2日 15時0分

記者「ついこの前、高倉健さん(享年83)が亡くなったばかりなのに、菅原文太さん(同81)まで逝っちゃうなんて…」

デスク「ショックだよね。ともに1960-70年代にかけて東映のヤクザ映画で名を上げた名優だ。でも、最後には文化勲章までもらった健さんと菅原さんではかなりキャラクターは違ったな」

記者「ヤクザ映画ブームが終わった後は、健さんは硬派でヒューマンタッチな映画に主に出演しました」

デスク「健さんの『不器用』が日本男児の目標みたいな存在になった…」

記者「一方の菅原さんはコメディーからテレビドラマ、時代劇、アニメの吹き替えまで幅広く出演しましたが、近年は俳優活動を実質的に廃業。無農薬での農業や脱原発を訴えたり、と政治的活動のほうが目立っていました」

デスク「先日の沖縄県知事選では米軍基地の県内移設に反対する新人候補を応援したり、特定秘密保護法や原発再稼働などについて反対。つまりは、現政権、安倍首相の路線に厳しい声を上げていた」

記者「そのあたり、政治的な発言を一切しなかった健さんとは違いますね」

デスク「沖縄に応援演説に行った際も『沖縄は国のものではない。(前知事の仲井真弘多氏は)戦争を前提に沖縄を考えている』なんて激しく、批判したってな。その甲斐もあってか、菅原さんの推す新人が現職に勝ったんだよね」

記者「へぇ~って感じです」

デスク「健さんに限らず、ほとんどの日本の芸能人は政治的に色がつくのを避けるからね。その点、菅原さんはイデオロギーにこだわらず、保守から共産党系まで主義主張に賛同した政治家を応援していた…」

記者「文子夫人は『無農薬有機農業を広めることと、日本が再び戦争をしないという願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、共に声を上げること』と夫の晩年の行動を説明しましたが、まさに"反安倍路線"へのメッセージと受け止められます」

デスク「団塊やその上の世代に、こういう声がドンピシャッでハマるような気がするんだよね」

記者「国政選挙のさなかですから、安倍政権を攻撃する野党陣営もその言葉を引くような気がします」

デスク「菅原さん本人は最後まで政界に出ることはなかったけど、その遺志は広がっていくような気がするな」

記者「なるほど…。名優の死が政権与党を揺るがすかもしれませんね」

デスク「若い連中も、もっと将来を考えてほしいもんだよ。投票には行きなよ」

記者「ヘーイ…」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング