【第2回D.I.Y】ガーランドで作るクリスマスツリー

NewsCafe / 2014年12月9日 15時0分

写真

【第2回D.I.Y】ガーランドで作るクリスマスツリー

こんにちは!LINOHANAです!
もう世間はすっかりクリスマスモードですね!街に出ると、クリスマスのイルミネーションがきらめいてとってもきれいですよね!

ところで、皆さんはクリスマスの準備はいつからはじめますか?
キリスト教の一部宗派では、イブから数えて4週間前までの期間を「アドヴェント」と呼び、来るイブまでに準備をするという習慣があります。代表的なもので、4本のキャンドルを用意し、期間中、日曜日を迎える度に1本ずつ火をつけていくという「アドヴェントキャンドル」があります。

また、12月1日から25日にかけて、日付の書いてある窓を1日1個ずつあけていく「アドヴェントカレンダー」は有名ですよね!今も昔も、クリスマスを待ちわびる気持ちは変わらないんですね♪

楽しいクリスマスを迎えるための準備として、第二回のHoliday D.I.Yでは、普段ツリーの飾りとして使っているオーナメントを使った"ガーランドで作るクリスマスツリー"を作ってみたいと思います!特殊な道具は何も使わないので、お子様と一緒に作っても楽しいと思います!ウォールデコレーションをしてクリスマスを盛り上げましょう☆

■レシピ
オーナメントと麻紐だけ!ガーランドで作るクリスマスツリー
*用意するもの*
・麻紐(毛糸でもOK!) 2m
・オーナメント 星型 1個
・オーナメント ボール型(直径約30mm) 12個
・がびょう 7個

*作り方*
まずはじめに、全てのオーナメントを麻紐に結び付けます。
麻紐の片端に、後にがびょうで固定する為の輪っかをつくります。
輪っかから5cmのところにボール型オーナメントを結び付けます。
このとき、《結び目を作る→オーナメントを通す→結び目を作る》の順で結んでいけばオーナメントがキレイに並びます。オーナメントのから5cmのところに、次のボール型オーナメントを付けます。

この要領でオーナメントを5個付けたら、次のオーナメントまで40cmあけます。
同じ要領でオーナメントを4個付けたら、次のオーナメントまで30cmあけます。
残り3個を同じ様に付けます。
最後のオーナメントから15cmの部分に星型のオーナメントを結びつけたら、間隔をあけずにがびょうで固定する為の輪っかをつくります。
(※余分な紐は、途中で微調整できるよう、最後飾り付けが終わった時に切りましょう!)

ここまで出来たら、早速壁に飾りつけしましょう!
ツリーの上にあたる星の方から付けていきたいところですが、ツリーの下の方から付けていきましょう!その方がうまく間隔をとれますよ!がびょうを留める位置は、星を頂点に三角形をイメージしながら留めると位置を決めやすいと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NewsCafe

トピックスRSS

ランキング