【ウラ芸能】織田裕二、「いい話」を飲むのか…

NewsCafe / 2014年12月28日 15時0分

デスク「2014年のドラマ界で一番数字を稼いだのは米倉涼子(39)主演の『ドクターX 外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)だけど、"殿"がいらついてるってな」

記者「テレ朝のドラマといえば『相棒』でしたからね…。主演の水谷豊(62)は局内でも殿と呼ばれて君臨していました」

デスク「ドクターは最終話視聴率が27.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)平均で22.9%なのに…」
記者「相棒は15-19%台で推移しています。年明け元旦にスペシャルが控えています」

デスク「そこで数字がハネ上がるのに期待ってか」

記者「現在のシーズン13は3月まで放送予定ですが、大台超えどころか、数字が下降していけば、3月まで完走しない可能性もありますよ」

デスク「確か、昨年のシーズン12から20%超えがないんだよね」

記者「そこで共演の成宮寛貴(32)が戦犯扱いされ、殿が『次の相棒は織田裕二(47)でどうかな…』と言いだしているんです」

デスク「確かに、織田なら見てみようかな、という気にはさせる。マンネリ路線にインパクトは与えるだろうね」

記者「水谷は織田がいい、と言っているのですが、局サイドにはSMAP・稲垣吾郎(41)で…という声もあるそうで、そのせめぎ合いみたいなんです」

デスク「へぇ~。人気があるころの織田なら受けない仕事だろうけど、今は低迷してるんだし、彼にとってはいい話なんじゃないの?」

記者「織田も結婚し、10月には長男も生まれ、さらにドラマをやっても数字が取れない…という環境ですから受けたいところでしょう。でも、元々プライドの高い男ですからね」

デスク「刑事役ってことになると、また『踊る大捜査線』のイメージに戻っちゃうよね」

記者「そこなんですよ、問題は。ただ、織田にとっては贅沢は言えないはず…」

デスク「稲垣は?」

記者「ギャラは織田だと1本あたり150万円、稲垣はそれより50万円安い100万円と推定されています。当然、局としては稲垣にしたい」

デスク「それに殿が反発してるってか」

記者「ならば…と水谷サイドは『成宮の次は織田で…』という話をリークしているようです」

デスク「仮に織田が出るとしても、水谷の二番手っていうのは飲める条件とは思えないな」

記者「水谷の後釜に収まる、とか?」

デスク「当然、織田なら条件闘争を仕掛けてきそうだから、引き続き取材してくれよ」

記者「了解!」

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング