ジャニーズ事務所、テレ朝に激怒したワケ

NewsCafe / 2015年8月20日 16時0分

7月スタートの、ジャニーズ・東山紀之(48)主演のドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系)の記者会見で、所属のジャニーズ事務所がテレ朝に激怒するトラブルが起きたという。
8月に入ってもその怒りは収まらず、「今後、テレ朝のドラマにジャニーズの有名タレントは出さない、とまでゴネているようです」とはテレビ誌デスク。
一体、何があった?
「『刑事7人』の制作発表会見は先月4日、東京・日本橋の高級ホテル・マンダリンオリエンタル東京で開かれました。東山をはじめ、片岡愛之助(43)や吉田鋼太郎(56)、高嶋政宏(49)、北大路欣也(72)、鈴木浩介(40)、倉科カナ(27)とタイトル通りの7人が勢揃いしたんです」
そこでトラブルでも?
「特に何があったわけではないんですが、テレ朝はこれまで社運を賭けたドラマの制作発表は、本社がある六本木ヒルズ内のホテル・グランドハイアットで行ってきました。最も格上の番組の会見は六本木と決めているんです」
そうなんだ?
「ところが、今回は手配が遅かったため、いつも使う部屋は当日にサッカー日本代表の内田篤人選手(27)の結婚式の予約が入っていて使えず、急きょ大きな会場が空いていたマンダリンで行われたのです」
マンダリンは有名で豪華なホテルだよ。どこが問題なの?
「東山はドラマの大役にもかかわらず、格下のマンダリンホテルで会見とは何事か、と事務所がクレームをつけてきたんですよ。もちろん、マンダリンだって一流どころですが、東山に過去の事例とは異なる待遇をしたことに事務所が激怒したわけです」
どの程度も怒りだった?
「テレ朝の幹部を呼んで怒鳴り散らしたレベルです。テレ朝の幹部は丸く収めるため、土下座して謝ろうと思ったんですが、ジャニーズの社長が『ユー、それだけはやめて! 強要罪になって警察が入ったら面倒なことになるよ』と土下座を必死に止めたそうです」
信じられない! 会見のホテルが違っただけでそこまで謝る必要あるわけ?
「東山はジャニーズ内でもドラマや映画の主役を張れる俳優として最も格上に位置しています。その下にSMAP・木村拓哉(42)やV6・岡田准一(34)がいる構図なので、最高のもてなしを期待していたんでしょう。ジャニーズ側は東山を別格扱いにして、本音では帝国ホテルで記者会見を開いてもらいたかったはずです」
東山も怒っている?
「怒ったのは事務所だけ。トップ俳優の東山の門出をテレ朝が安易に考え、ジャニーズの看板に泥を塗ったと受け止められたみたいですね」(先のデスク)
芸能界には面倒なしきたりがたくさんあるが、ホテル選びだけで怒る事務所って何様のつもり?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング