業界でささやかれる新「ゴリ押し女王」は?

NewsCafe / 2015年9月30日 16時0分

実力や人気に関係なく、事務所の力で強引に仕事をゲットするゴリ押し女優といえば、剛力彩芽(23)や武井咲(21)ら、オスカープロモーション所属女優の名が挙げられていたものだが、近頃業界内では別の若手女優の名が挙がっているという。
「現在、2人のゴリ押しで民放局は困っています」と言うのは番組制作会社プロデューサー。
剛力、武井以外の2人って?
「まず最初は『王様のブランチ』(TBS系)の5代目女性司会者に抜擢された新川優愛=しんかわ・ゆあ=(21)です。彼女のバックアップを担当しているのは、芸能界で強い権力を持つ、ケイダッシュ幹部のT氏で…」
えっ、芸能界のドンと呼ばれているS氏と並んで恐れられているT氏の一押しギャルなんだ?
「そうなんです。T氏は本当に怖くて業界人なら誰もが震え上がるキャラですから、誰も逆らえません。現在も新川は『恋仲』『リスクの神様』(共にフジテレビ系)と連続ドラマを掛け持ちしているし、今後も次々と今後もT氏のバックアップのもとで大きな仕事が次々と決まっていくことでしょう」
で、2人目は誰?
「現在放送中の『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)で、夜の連ドラ初主演を飾った西内まりや(21)もゴリ押しが激しいです。西内の場合、そのテングぶりも目について、本当に嫌な感じですよ」
なぜテングになっている?
「所属事務所のライジングプロが甘やかしすぎてしまったため、調子に乗っているのでしょう。西内の事務所は、かつて安室奈美恵(38)が所属していましたが、『安室が独立した今、稼げるタレントは自分しかいない』と思い込み、近頃は事務所幹部にギャラアップの交渉まで行っているそうです」
まだ新人レベルなのに、身の程知らずって感じだね。
「まったくその通りです。『Seventeen』(集英社)の専属モデルとなって売り出し中の頃は、イベントなどにも積極的に登場していましたが、昨年末にレコード大賞で最優秀新人賞を受賞して以降、大きな仕事でないとやる気を出さなくなってしまったとか。『ホテルコンシェルジュ』も、TBS側が視聴率獲得のために頭を下げて、ようやく出演してもらったという話ですからね」
なるほど…こんないい気になっている2人の将来はどうなるんだろう?
「今はネットの意見が即座に反映される時代なので、露骨な事務所のゴリ押しは明らかに女優生命にマイナスです。ネット民の『気に入らない』という意見が大勢を占めると、それに感化されて一般視聴者にも嫌悪感が連鎖するんです。新川、西内ともずば抜けて演技がうまいわけでもなく、まあ3年後は消えていると考えていいでしょう」(先のプロデューサー)
やはり、事務所の後押しではなく、実力で人気を得ないと芸能界では長く生き残れない。ゴリ押し女王の鼻もいつかは折られるだろう。

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング