どっちが主流?宅急便の受け取り「サイン派」vs.「ハンコ派」

NewsCafe / 2016年4月14日 12時0分

写真

どっちが主流?宅急便の受け取り「サイン派」vs.「ハンコ派」

昨年の訪日外国人旅行者数は過去最多の1974万人に達し、今年の2000万人突破もほぼ射程圏内だと言われている。今後は3000万人達成に期待…と各種メディアが話題にするなか、トピックにチラホラと「ハンコ」の文字を見かける。どうやら「日本のハンコはクールで便利!」と、外国人観光客に人気があるらしい。外国人向けのカタカナ・アルファベット印鑑を取り扱う通販サイトもある。
しかし「欧米にハンコ文化はなくサインが主流」「ハンコ文化の日本より合理的であり、筆跡は簡単には真似できないので安全性も高い」とはよく聞く話だ。確かにハンコは、モノさえあれば誰でも押せてしまい、実印、訂正印、シャチハタ、認印など種類も多すぎる。
そんななか、NewsCafeのアリナシコーナーにはユーザーから「宅配便などの受取はハンコよりサイン…アリかナシか」というテーマが寄せられたようだ。調査結果とともにさまざまな意見をご紹介しよう。

【アリ…58.7%】
■ペン借りてサインします。
■以前に比べてサインで良いと言う業者さん多くなって助かる。
■サインの方がラクだし。
■最近はこっちがハンコだす前にお兄さんがボールペンだしてくれる。
■ハンコ用意しててもサイン求められペン差し出される。
■ハンコ探してる時間もったいない。
■こういう時に限ってハンコが見つからなかったりする。
■車の会社S会長がアルファベットでサインしているのを見てから真似している。
■サインで済むならその方がいい。ハンコを置いとくのが無用心。
■サインの方が速いです!! だけど、読み取れる字でお願いします…。

【ナシ…41.3%】
■日本はハンコが主流? 手っ取り早い。
■面倒臭がらずにちゃんとハンコを出しなさい。怠け者。
■玄関にシャチハタが置いてあるので。サインは面倒、ハンコの方が楽!
■てかいい大人が印鑑すぐ出せないのがびっくり。
■習慣でハンコ。
■玄関横の下駄箱に100均のハンコを置いている。
■字がヘタなのがバレる。
■玄関にシャチハタペンがあり、業者の方が既に置場を憶えている…。
■名字の画数が多いのでいちいち書くのが面倒臭いから認印で済ませる。
■シャチハタ押す方が楽です。

結果は【アリ派】約6割と優勢。重要な局面では相変わらず印鑑ありきの日本だが、宅配便受け取り程度の気軽な場面ではサインが主流となっているようだ。両派のコメントを読み比べてみたが、確かに玄関先にハンコを置いておくのは危なっかしい気がするし、業者が"客がハンコを取りに行く時間"を惜しむこともあるだろう。
ただ、人によってはハンコが便利だということもよくわかる。「名前の画数多くて書くの面倒なのでいつもハンコです」「うちも画数が多い名字だから」というコメントが多かっただけでなく「かわいい認め印購入したよ」など、ハンコ自体を楽しんでいるという人もいた。
欧米文化を広く受け入れ真似てきた日本であるが、今のところハンコ文化が廃れる気配はなさそうだ。多彩な文化の融合は、日本の面白さであると言える。

[文・能井丸鴻]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング