磯野貴理子、またも発覚した男運のなさ

NewsCafe / 2016年10月28日 10時45分

2012年に24歳の年の差結婚で話題となったタレント、磯野貴理子(52)と夫でバーテンダーの高橋東吾氏(28)。

 そんな2人に大きなトラブルが持ち上がっているという。
 「先日発売の『女性セブン』が高橋氏の起こした暴行事件を報じたんです。それは2年前、妻の貴理子が脳梗塞で倒れ、緊急入院していたため、代わりに高橋氏が参加した飲み会での出来事でした」(女性誌記者)

 何があった?
 「高橋氏が隣の女性を口説き始め、止めに入った別の30代の主婦を思いっきり殴り、前歯を複数本折るなど全治6カ月の怪我を負わせたんです」

 かなり乱暴な行為だ。ひどすぎる…。
 「まったくです。高橋氏はキックボクシングの経験があるのに手加減せず思いっきり暴力を振るったわけです。男として最低の行為ですね。しかもこの事件の示談交渉は、貴理子のレギュラー番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演している弁護士が担当しているんですが、2年経過した今も被害者への示談金は一切支払われていないんです」

 それは弁護士も悪いんじゃないの?
 「確かにテレビにばかり出ている弁護士にろくなのはいません。もちろん、最も悪いのは高橋氏ですが…。貴理子のおかげでバーの経営者になり、いい気になっているんです。結婚前はサラリーマン風の好青年でしたが、今は金髪にヒゲ、日焼けしてアクセサリーをジャラジャラつけたチャラ男に変化しているんです」

 なぜそんなに変わった?
 「変わってはいません。今が本来の姿なのでしょう。貴理子は09年にも夫の浮気が原因で結婚後わずか6年で離婚しているし、本当に男を見る目がないと思います」

 それにしても、なぜ2年前の事件が今頃出てきた?
 「貴理子が8月末に所属事務所『石井光三オフィス』を退社したことが大きく関わっています。15年に石井光三社長(享年83)亡くなってから娘が社長に就任しましたが、貴理子は新体制を嫌って辞めました。だから、この情報は辞めたことに対する報復として出た可能性も高いです」(先の記者)

 夫の不祥事が原因で貴理子の人気が落ちなければいいが…。
NewsCafeゲイノウ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング