1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能

井上公造、業界内から信頼失う!?

NewsCafe / 2017年1月24日 10時52分

芸能リポーター、井上公造氏(60)への批判がネットを中心に強まっている。
 「最近は、業界内でも信用を失っている…」というのは女性誌記者。

 ベテランリポーターの彼に何があったのか。
 「井上氏が番組で自慢げに話している中には、週刊誌の記事そのままパクったものが多々あるんです」

 そうなの?!
 「彼は同じネタの使い回しが多く、『とっておきの独占情報』と売り込んできたのに他の週刊誌にも同じ内容をしゃべっていたことがあり、腹が立ちました。もう井上氏の信用度は急落状態ですね。もちろん、一番の汚点は昨年、歌手・ASKA(58)の未発表楽曲を本人の許可なく『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で無断公開してしまった件でしょう」

 あれはひどかった!
 「井上氏は『僕は公開したほうがいいと思った』と言い訳しましたが、ここで約束を守らない人間だとバレてしまったわけです」

 そんなに信用できない人なんだ?
 「そう。しかもASKAが井上氏と電話で話したとき、睡眠薬を飲んで寝たばかりだったことを打ち明けたのに、それを視聴者に伝えず『ろれつが回っていなかった』と話を作られ、『世界的な組織に狙われている』と被害妄想を連想させる話を作っていたんです」

 なぜ、そんなひどいことを言ったの?
 「自分は常に独占スクープを持っていて、すっかり頭がおかしくなったASKAでさえも心を開いたとアピールしたかったのでしょう」

 それって、最低だね。
 「ASKAは重度の覚醒剤の中毒になっていて、自分が何を言っても反論できないだろうという甘い読みもあったんです。ところがASKAは精神状態もしっかりしていて、堂々と反論することができた。つまり、井上氏の予測は完全に外れたわけです」

 これから井上氏はどうなる?
 「信用はなくしても、大手事務所の広報的存在として生き残るでしょう。芸能事務所は所属タレントに関するニセ恋愛の話題で常に宣伝効果を狙っています。井上氏はそんなガセ情報の宣伝マンとして利用価値もあるのです」(先の記者)

 どうやら井上氏は古くからつき合いのある大手芸能事務所に守られ、今後も安泰な身分のまま過ごせそうだ。
NewsCafeゲイノウ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング