妻引退…山本耕史が背負う重荷

NewsCafe / 2017年3月7日 9時0分

2月28日をもって芸能界を引退した女優、堀北真希(28)。彼女が表舞台に再登場する日は当分なさそうだが、夫で俳優、山本耕史(40)に気になる噂が消えないままだ。

 「2015年8月に交際0日で山本は堀北と電撃婚し、昨年暮れに第1子が誕生。そして今回は妻の引退表明で伝説を作ったことで彼には新たなプレッシャーができました」というのはスポーツ紙デスク。

 人気女優の堀北が消えるのは残念だが、山本もNHKで放送中のドラマ「スリル!?赤の章・黒の章?」に出演するほか、今月末からは劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人 Season花」の公演が始まるなど仕事は順調だ。で、そのプレッシャーとは、さらにビッグな俳優になるということか。

 「もちろん順調にキャリアを重ねていくとは思いますが、今回の妻の引退で、堀北を全盛期で引退した伝説の歌手、旧姓・山口百恵(58)になぞらえた報道がおおかったでしょ」

 ああ、山口百恵を捨て、今は三浦百恵さんとなって、俳優、三浦友和(65)の妻、シンガーソングライターの祐太朗(32)と俳優、貴大(31)の母として家庭第一でやっている。キルト作家としても有名だが、表には一切出てこない。

 三浦はそんな家庭を子供たちが小さいときから守ろうとしていたっけ…。
 「引退後の堀北に百恵さんほどの注目が集まり、母子含めて芸能マスコミに追っかけられるとは思えませんが、山本にとってはそれをガードする役割よりももっと心配されることがあります」

 一体なに?
 「やはり女性関係ですよ。堀北と結婚する前には、女優、松たか子(39)や牧瀬里穂(45)と浮名を流した男ですからね」

 妻が子育てにかかわっているうちに、浮気…というのはよくある話だ。
 「百恵さんの夫である三浦は、浮気の噂が一切なかったのです。少なくとも表ざたになることはなかった。山本も三浦夫妻と同じように妻子、家庭第一である生き方をしないといけない、と世間が見ることは彼にとっては大きなプレッシャーだと思います」(先のデスク)

 仮に、山本がそのプレッシャーに負けてしまうようなことがあれば、将来は堀北の復活もあるかもしれない。
NewsCafeゲイノウ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング