林修、元生徒にバラされた素顔

NewsCafe / 2017年4月11日 11時39分

先日放送された「林先生が驚く 初耳学 2時間SP」(TBS系)で、予備校講師のタレント、林修(51)の元教え子が登場し、予備校での毒舌ぶりを暴露し、林の意外な一面が話題になっている。

 「番組では世界的に権威のある美人コンテスト、ミス・ユニバース・ジャパン東京大会ファイナリストで、ビューティーキャンプ賞を受賞した庄司圭織さん(25)にスポットを当てました。彼女は高校時代に林の授業を受けていたんです」(女性誌デスク)

 えっ、世の中狭いもんだね?
 「VTR紹介後、庄司さんが、スタジオの観覧席にいることが明かされ、林と久しぶりに対面したんです。林は『こんなに美しく変わった生徒は過去にいない』と喜びました」

 それは喜ぶでしょう!
 「ここで千原ジュニア(43)が庄司さんに『テレビに出てる林修先生と普段の先生は違う?』と質問しました。庄司さんは『普段のほうがもうちょっと毒吐きますよね』と衝撃発言をしました」

 何を言った?
 「庄司さんは『東大以外は大学じゃないとか…』と暴露しました。ほかの出演者が驚く中、林は『やめなさい!』『絶対カットで』と庄司さんの発言を遮ったのです」

 確かにネット民から総攻撃されそうなネタだ。
 「もちろん、それを恐れた林は『庄司さんが東大特進コースというところに通ってたので、東大に行きたいというモチベーションを上げるために言った』と苦しい言い訳をしています」

 で、彼女は東大に受かったの?
 「残念ながら落ちましたが、早大の政治経済学部に受かりました。このとき林は『浪人する間に自分の好きなことでがんばりなさい』と浪人せずに進学するようアドバイスしたそうです」

 じゃあ、林は東大至上主義じゃないんだ?
 「そう。普段は学歴自慢をすることもないし、さまざまな失敗をして今があると言っています。これだけ有名になっても本業の予備校講師は辞めていないのは、自身が売れているのは『今だけでしょう』と冷静に見つめているからです。また、どんなに予備校で生徒に言い寄られても、決して相手にしない意思の強さもあるようです」(先のデスク)

 温厚なキャラの林だが、東大至上主義やはやりホンネとみてよさそうだ。
NewsCafeゲイノウ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング