宮根誠司、ダントツの嫌われ度

NewsCafe / 2017年6月19日 11時26分

デスク「この前、週刊文春が『アナウンサー好感度ランキング2017』を発表したけど、嫌いな男性アナでは、宮根誠司(54)がダントツだってな」

記者「宮根は244票と、105票でワースト2位の日本テレビ・上重聡アナ(37)にダブルスコアでの勝利です(笑)」

デスク「そこまで嫌われる理由って?」

記者「人間はどんなに隠しても性格の悪さは伝わるものですよ」

デスク「たとえば?」

記者「生放送の様子を視聴者はよく見ているものです。宮根は妙にイライラして相手の会話に割って入ったり、眉間に皺を寄せながら、甲高い声でキレぎみにしゃべることがあるでしょ。そこは敏感な女性視聴者が『嫌な感じ』だと思うのです」

デスク「なるほど…」

記者「スタッフにも相当厳しく、進行の手際が悪いと、番組終了後に怒鳴り散らすことも珍しくありません。ひどい嫌味を言ったり完全無視することも多く、ストレスで胃を悪くするスタッフが続出しています」

デスク「そりゃ、ひどいわ」

記者「しかも宮根は外部の人間にも態度がよくない。以前は番組の中で芸能コーナーがあって、日替わりで東京からスポーツ紙の記者を呼んでコメントしてもらっていたんです。しかし、宮根と相性がよくない記者には非常に冷たい態度を取る。宮根と関わった記者たちは『あいつ、何様なんだ!もう2度と出たくない』と言ってました」

デスク「そこまで威張る理由は何なの?」

記者「「やはり、『俺がこの番組を仕切っているんだ』という自信。それと、彼は芸能界のドンの系列事務所に所属しています。以前、隠し子が発覚してタレント生命が脅かされたとき、ドンの力で何ら問題になることなく仕事を維持できました」

デスク「ああ、確か隠し子騒動は、2012年にかなり騒がれたっけ」

記者「しかし、あのピンチを乗り切って宮根の自信はどんどんエスカレートしてゆきます。ドンに守られ、何を言っても俺に逆らう奴はいないんだという優越感がある。ギャラも1回60万円もらっていますから、まさに現在はお山の大将みたいな気分なのです」

デスク「そういいことばかりは続かないって言いたいところだけど…」

記者「他に宮根を脅かす存在がないだけに、天下は続くでしょうね」
NewsCafeゲイノウ

NewsCafe

トピックスRSS

ランキング