DOG inThePWO×BugLug×Blu-BiLLioNが熱いライブアクト!

dwango.jp news / 2014年8月29日 18時44分

Resistar Records主催のイベントツアー「治外法権VOL.4」を今夏も開催された。

8月28日、これまでで最大の会場となるZepp DiverCityでファイナルを迎え、DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNの所属3バンドが、三者三様に今年一番の熱いステージを繰り広げた。


PHOTO:河井彩美 (AY-Beatrium)

トップバッターのBlu-BiLLioNは、ミケ(Vo)の「東京帰ってきたぞ! 誰よりも楽しめよ!」という、いつにも増して威勢のよい第一声を皮切りに、メンバー6人で広いステージを伸び伸びと使ってパフォーマンス。武器であるメロディの良さを活かし、爽やかな歌モノだけでなく、2週間前にリリースされたばかりの新曲『GARDEN』を筆頭とする情熱的なライブチューンでもフロアの心を鷲掴みにする。深みと厚みを増したアクトは、バンドとしての確かな成長の証し。9月12日・なかのZERO 大ホールワンマンへの期待を、大きく膨らませてくれた。

続くBugLugは「今日で終わりなんだよ! 終わりってことは騒ぐしかねーだろ!」と、持ち前の激しさを存分に叩きつけるステージを展開。オーディエンスに容赦なく声を求めながらも、9月24日発売のシングル『JUGEMU』から『THE DEAD MAN’S WALKING』を先行して披露し、フリ講座でゾンビポーズを繰り出す等、お茶目な一面でも楽しませる。ギミックの利いたスタイルを正統派のロックプレイで具現化する様は、まさしく今年のスローガン“ぶっちぎり”そのもの。リリース後の全国ワンマンツアー、そしてファイナルに控える11月30日・TOKYO DOME CITY HALLでは、さらなる飛躍が見られそうだ。

トリを務めたDOG inTheパラレルワールドオーケストラは、某時代劇のテーマによるスタートといい、華やかな和服衣装といい、全員でボーカルを取る『Doggy’s Party!!』でのハチャメチャぶりといい、エンターテインメントに徹し切ったライブで、ひたすら“客席をハッピーにする”ことに専念。心と身体を自然に躍らせる良質のポップチューンに愛らしさと切なさをない交ぜにして、観る者の胸に不思議な幸福感を染みわたらせる。ラストの最新シングル『祭izm』ではフロアにも扇子が舞って、素晴らしく艶やかに締め括り。11月10日の舞浜アンフィシアターワンマンへと続く、華やかなパレードの入口を切り拓いた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング