新センター登場に3万人が震えた、乃木坂46全国ツアー千秋楽

dwango.jp news / 2014年8月31日 12時11分

8月30日、乃木坂46が“真夏の全国ツアー2014”の千秋楽を迎えた。

明治神宮野球場にてアーティストの単独ライブが行われることは、THE ALFEE以来14年ぶりの快挙。今回は自身過去最高となる3万人を動員、8月16日の大阪市立中央体育館公演を皮切りに、全国5都市を周り約10万人を動員した。

ロックバンドBOOM BOOM SATELLITES が乃木坂46のために制作した‘OVERTURE'が流れた後、メインステージにメンバーが登場、『夏のFree&Easy』のイントロが流れると会場の熱気は一気にヒートアップ。そこから『ロマンスのスタート』『会いたかったかもしれない』など、5曲目まで続けて歌いあげた。

MCを挟んだ後、アンダーメンバーが魅せた『生まれたままで』や、生駒里奈、高山一実、星野みなみの3人が歌う『ここじゃないどこか』など怒涛のパフォーマンスが続く。今回はメインステージだけではなく、アリーナ席の中で十字にセッティングされたステージを、メンバーが縦横無尽に駆け巡り、ファンのすぐそばでパフォーマンスを行う演出で会場は大盛り上がりとなった。

中盤、スクリーンに悪の組織と囚われの身の生田絵梨花が映し出され、生田を助けるため、悪の組織から課せられた「サインボールを1000個客席に投げる」という課題をメンバーが協力してクリアすると、生田は解放され、ヘリコプターに乗って会場へ向かう。

そしてメインステージから、大学進学の為活動を一時休止していた生田が登場するとこの日を待ちわびていたファンからの大歓声が止まらない。復帰後1曲目にして自身初のセンターを務める10thシングル『何度目の青空か?』を披露。ファンは「いくちゃん、おかえり!」と生田を出迎え、会場は歓声と感動の涙に包まれた。

生田は涙ぐみながら、「みんなの反応が不安だった。センターとしてまだ何もできていなけれど、みんなの優しさにこたえられるように頑張る」と、これからは乃木坂46に全力を注いでいくことをファンと誓い合った。

その後も浴衣姿に着替えての『吐息のメソッド』や3rdシングル『走れ!Bicycyle』、2ndシングルであり代表曲のひとつでもある『おいでシャンプー』などを披露。開演からすでに3時間が経っても熱気が冷めることはなく本編最後のパフォーマンスへ。ファンから根強い人気のある『君の名は希望』を歌い、460発もの花火が打ちあがり夏の夜の最高の思い出を作った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング