SCANDAL史上最大級の7万人動員ツアー開催

dwango.jp news / 2014年9月28日 23時44分

SCANDALが、9月28日(日)に大阪は堂島リバーフォーラムで10日間開催していた「SCANDAL LIVE HOUSE '10'DAYS 「急に来てもらってゴメン。2014 ~新曲やるから聴いてよ~」」ツアーファイナルを迎え、次なるステージへの重大発表をした。

元々、彼女たちが普段なかなかツアーでは訪れることができない土地に“気まぐれで”ライブをしに行くツアー「急に来てゴメン。」それをモジって行われた今回の“10”DAYS LIVE「急に来てもらってゴメン。2014~新曲やるから聴いてよ~」は、彼女達のホームとも呼ぶべき2都市…現在SCANDALの活動拠点となる東京で5日間、そしてSCANDAL生誕の地…大阪にて5日間の計10日で2万人を動員。

まさしくタイトル通り全国のファンを「私たちのホームに遊びに来て!~新曲やるからさ!~」という“おもてなしの気持ちで迎え入れるライブ”といえる内容で開催された。もちろん宣言通り、珠玉の新曲をひっさげて!ファイナル公演となった9月28日。

開演前から“今日のSCANDALのライブ”に期待を膨らませる多くのファンが会場前につめかける。それもその筈。今回の“10”DAYSでは毎日セットリストが違い、何が飛び出すかわからない正真正銘の<ライブ>の音楽を届けてきたからだ。開演時間ちょうど、会場が暗転すると、場外にまで響き渡る観客の歓声で会場中が震える。

ステージに上がったSCANDALは、楽器のチェックも早々にすませるやいなや、HARUNA(Vo.&Gt.)の「堂島、盛り上がっていこうねー!」の声を皮切りに、今年の夏、SCANDAL過去最高のヒット記録を更新したシングル『夜明けの流星群』でライブをスタートさせる。会場はすでに一体となり、満員の会場の後ろまで彼女たちのパフォーマンスに応えるように手が挙がる。

HARUNAが『堂島ー!ファイナルー!!最後まで盛り上がってくよー!』という掛け声で会場を煽ると、『太陽と君が描くSTORY』そして続く『太陽スキャンダラス』が堂島リバーフォーラムのテンションを頂点へと押し上げていく。HARUNAが「こんばんはーー、SCANDALです!『SCANDAL LIVE HOUSE '10'DAYS 「急に来てもらってゴメン。2014 ~新曲やるから聴いてよ~」』へようこそー!!」と挨拶をし、「今日はライブタイトル通り、新曲、やります!そして、いつもみんなが聴いてくれている曲も、やります!そしてそして、ちょっと懐かしい曲も…やっちゃいます!みんな準備はいいですか?今日はファイナル、堂島リバーフォーラムに集まってくれたみんなで、最高の夜にしようねー!!!!」とお決まりの言葉で宣言すると、TOMOMI(Ba.&Vo.)が会場をあおり、『瞬間センチメンタル』が会場へ放たれる。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング