シェネル、石原さとみ・松下奈緒ドラマ主題歌書き下ろし

dwango.jp news / 2014年10月6日 11時43分

石原さとみと松下奈緒が初共演&W主演する木曜劇場「ディア・シスター」(10月16日スタート 毎週木曜夜10時放送)の主題歌に、『ベイビーアイラブユー』『ビリーヴ』などのヒット曲で幅広い世代に支持されるシェネルの書き下ろし曲『Happiness』が決定した。

この曲は、シェネルがドラマ主題歌のために初めて書き下ろした曲となる。

シェネルは、ロサンゼルス在住、洋楽・邦楽の境界を越えて、いま最も注目を集めている、トータル・ダウンロード数1,000万突破の実力派シンガー。2007年『ラブ・ウィズ・DJ』で世界デビュー、日本でも大ヒットし日本ゴールドディスク大賞の新人賞を受賞。2011年『ベイビー・アイラブユー』の英語カヴァーで大ブレイクし “ラブソング・プリンセス”と称される。

先月開催された「結婚式で最も人気のアーティスト」を表彰する「ISUM ブライダルミュージックアワード2014」女性部門において、「ベイビー・アイラブユー(English Ver.)」のシェネルが選ばれた。


ラブソング・プリンセス待望の新曲『Happiness』は、“世界で一番大切なキミのことを守るよ、キミこそが私のHappiness(幸せ)だから... ”という世界観で、シェネルが力強く、そして切なく歌い上げた究極のラブソング。

ドラマで描かれている、姉妹愛、男女の恋愛、友情や家族愛など時代が変わっても普遍的なものである「愛」というものを伝えるためには、ラブソングでヒットを出し続けているラブソングプリンセス・シェネルに主題歌を、と「私が恋愛できない理由」では安室奈美恵の『Love Story』を主題歌に起用するなど、印象に残るドラマ主題歌を数々起用してきた中野プロデューサーからのラブコールが「ディア・シスター」で実現した。

主題歌を担当したシェネルは、「性格が全く異なる二人の姉妹がぶつかり合うのですが、全ては互いのHappiness(幸せ)のため、というメッセージを込めました」と曲に込めた思いを語った。

ドラマは、石原演じる自由奔放で天真らんまんな妹・深沢美咲(ふかざわ・みさき)と松下演じる真面目で不器用な姉・深沢葉月(ふかざわ・はづき)、見た目も性格も正反対の姉妹が傷つけ合いながらもお互いに足りない部分を補い合いながら共に生きて行く、ちょっと切ないラブコメディー。私生活でも、石原は“兄妹”の妹で、松下は“姉妹”の姉。二人がドラマでも同じ立場を演じ、さらに実年齢と同じ年齢を演じることで“等身大の姉妹像”に注目が集まる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング