「マクロスΔ」ワルキューレ 集大成となる横アリ2ndライブ大盛況

dwango.jp news / 2017年1月30日 23時35分

1月28日・29日、TVアニメ「マクロスΔ」から飛び出した戦術音楽ユニット”ワルキューレ”の 2nd LIVE in 横浜アリーナ「ワルキューレがとまらない」が開催。グループ初となる生バンドを背負ってのこの公演には、超時空ヴィーナスの活動の集大成が詰まっていた。

ライブは『ようこそ!ワルキューレ・ワールドへ』からスタート。超満員の横浜アリーナのステージに5人が降臨すると、続く『Hear The Universe』まで、ピタッと揃ったダンスと見事に溶け合う歌声を笑顔で届け、それに応えるように会場のファンのボルテージも急上昇。素晴らしいライブスタートを切った。

さらに、キュートなミドルナンバー『不確定性☆COSMIC MOVEMENT』からは5人の厚いハーモニーが前面へ。『NEO STREAM』で巧みなコーラスワークを披露し、その空気を引き継いで突入した『Absolute5』では、ダンスやバンドと合わせても安定感のある重厚なコーラスが響き渡り、“風の歌”を退けているように感じられた。

続いて、各メンバーをクローズアップした楽曲中心のゾーンに。まず『LOVE! THUNDER GLOW』では、美雲ΔJUNNAが堂々と歌声を響かせる。続く『いけないボーダーライン』では、相変わらず色っぽくも力強く突き抜ける、サビラストのボーカルワークは鳥肌モノだった。

2

曲明け、ステージにはマキナΔ西田望見とレイナΔ東山奈央が残り、移動用ドローン(という名のトロッコ)に搭乗。通路を走行しながら『ジリティック♡BEGINNER』を歌う。客席を挟んで掛け合いもしつつし、通路後方で合流してからの曲ラストではふたりの指でワルキューレサインを形作る。さらにそのまま、『おにゃの子☆Girl』を歌い始める西田。17,000人の「からの!」を一身に受けて、間奏ではうれしさ余ってそのまま投げキッスでお返し。続く東山中心の『Silent Hacker』は、間奏でのストップモーションを織り交ぜたダンスパフォーマンスが圧巻の見せ場だった。

曲明けに上映されたフレイアの誕生日を祝うシーンでは、表示された歌詞の字幕に添って会場に『ワルキューレのバースデーソング』の大合唱が響き渡る。そして映像内には雪をバックに、フレイアΔ鈴木みのりが『God Bless You』を歌唱。冒頭からグッと来ているさまも伺えたのだが、それは実は、この日だけはワルキューレメンバーに向けてこの曲を歌ったからだそう。その思いもあってか、より温かく大事に大事に歌われた1曲となった。しかし続く『風は予告なく吹く』は力強く堂々と歌い上げ、彼女の表現力の振り幅の広さを改めて感じさせてくれた。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング