真心ブラザーズ、ニューアルバムからMVを公開

dwango.jp news / 2014年10月24日 12時0分

25周年を迎えた真心ブラザーズが、今年立ち上げた自身のレーベル“Do Thing Recordings”。新レーベル第一弾作品となる待望のNEW ALBUM『Do Sing』(11月19日売)の全貌がいよいよ明らかになってきた。

今作は様々な表情を見せてくれる全12曲が収録されており、テレビ東京系の大人気番組「おはスタ」のテーマソングにもなっている『あいだにダイア』、今春全国ロードショーされた映画「猫侍」の主題歌『I’M SO GREAT!』、そして、讀賣テレビ・日本テレビ系TVアニメ「宇宙兄弟」のオープニングテーマ『消えない絵』のリテイク版が収録される。

これだけでも豪華な顔ぶれであるが、それ以外にも軽快なロックから、ソウルやブルースの香りがする楽曲など、引出しの多さと、音楽に対する懐の深さを感じずにはいられない。さらに、ほぼ全曲のレコーディングがLow Down Roulettes※にもので、ライブ感、統一感もしっかりと詰め込まれた作品である。<※真心ブラザーズ+伊藤大地(drs)、岡部晴彦(bass)からなるバンド>

そうした多彩な楽曲たちの中から、本日遂に最新MVとして『splash』の映像が公開された。

コーヒースタンドにLow Down Roulettesのメンバー4人が入ってくるところから始まる作品は、昔の映画を彷彿とさせる全編モノクロ映像で制作されている。演奏される楽曲とメンバーたちの醸し出す雰囲気、そしてモノクロの映像がMV全体をより一層味わい深く、見応えのある作品に仕上げている。

先日公開されたアートワークもそうであるが、音と映像が加わることで、その一つ一つの要素が紡ぎ出していく作品全体の統一性は「さすが!」の一言である。さらに、今作は購入者特典として完全非売品アナログ盤レコードを制作するという。これは非常に価値のある試みと言えよう。どこか懐かしく、それでいてこの時代だからこそ新鮮でクールに感じとれるアナログ盤。斬新な発想とチャレンジもまた、今作の統一性を生み出している一因と言える。

真心ブラザーズが創り出す世界観に脱帽だ。そして、特典映像として『ENDLESS SUMMER NUDE』のライブ映像も収録される。これは前回ツアーのファイナル公演として開催されたEX THEATRE ROPPONGIでの貴重な映像である。今作も必聴必見の価値があることは間違いない。

さらに、リリース後の2015年1月16日からは仙台を皮切りに、全国8ヶ所9公演の全国ツアーも既に発表されている。今作をレコーディングしたバンド編成“Low Down Roulettes”としての7公演を「Do Sing Tour with Low Down Roulettes」。おなじみ10人編成“MB’s”で行う東京と大阪の2公演を「Do Sing Tour with MB’s」として開催する。新曲をどうパフォーマンスしてくれるのか、リリース前から楽しみで仕方ない。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング