APink、デビュー曲「NoNoNo」日本語で言うと「ダメよ〜ダメダメ!」

dwango.jp news / 2014年10月24日 14時45分

今韓国で絶大な人気を誇る6人組ガールズグループ「Apink」が今週日本デビューシングル『NoNoNo』をリリース、10月23日(木)ラゾーナ川崎プラザにて発売記念フリーライブイベントを開催した。

他のガールズグループと一線を画す妖精のようなピュアなイメージで人気を博し、今年の春には韓国の5大音楽番組全てで1位を獲得。まさに今人気絶頂のApinkを一目見ようと、会場にはファン8000人が大集結、Apinkがステージに登場すると絶叫に近い歓声がわき起こった。

イベントでは日本デビュー曲『NoNoNo』とシングル収録曲『MyMy』を歌唱。Apinkのパフォーマンスに、ファンは大きな掛け声で応えた。

トークではメンバーが1人ずつ日本語で挨拶。「韓国ではデビュー4年目ですが、日本では昨日デビューしました。新人の気持ちで頑張ります!」(チョロン)、「いつも日本にくるとみなさんにパワーをもらいます。今日はApinkと一緒に楽しんでください!」(ウンジ)とファンに呼びかけた。

また、ボミが「NoNoNoは日本語で言うと何ですか?」と振ると、ウンジが「ダメよ〜ダメダメ!」と日本エレキテル連合のものまねを披露、会場を盛り上げた。

今回のフリーライブイベントは大阪、名古屋でも行われこの日が3日目の開催。各地で会場いっぱいのファンを集め、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ。Apinkの日本デビューシングル「NoNoNo」は10/22付オリコンシングルデイリーランキングで3位にランクイン。妖精たちの魅力の虜になる人が全国で急増中だ。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング