チェコ・ノー・リパブリック、MVで因縁のオードリー春日と共演

dwango.jp news / 2014年10月31日 21時0分

チェコ・ノー・リパブリックによる、メジャー1stシングル、「Oh Yeah!!!!!!!」は、彼らにとって初の大型アニメタイアップ、フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」のエンディングテーマとなっている。

今年各地の夏フェスでも多くのオーディエンスを沸かせ、先日10/10に行われた赤坂BLITZ公演もSOLD OUT、まさに上昇気流に乗ったバンドの新しい代表曲となる、彼ら流のPOP センスが爆発した突き抜けるアッパーチューン。


そんな新曲『Oh Yeah!!!!!!!』のミュージックビデオがこのたび完成したが、現在、チェコ・ノーリパブリックが担当中のラジオレギュラー番組「オールナイトニッポン0」から交流が生まれていた、オードリー春日と異色初共演が実現。

「オードリーのオールナイトニッポン」番組上では、Czecho No Republicというバンド名のユニークさ、覚え難さから、たびたびイジられており、春日氏による「誰なんだよ!」というオチのセリフがリスナーの間でも定着していたが、9月に東京国際フォーラム・ホールAにて行われたオードリー主催のイベントで両者は初対面し親交を深めていた。そしてこの度、チェコ・ノー・リパブリックのミュージックビデオ(以下MV)で、ついにバンドと春日氏との異色共演が実現することとなった。

『Oh Yeah!!!!!!!』のMVは、氣志團や湘南乃風、フジファブリックなど数多くのアーティストのMVを手がけている映像作家のスミス氏が担当し、10月初旬に、埼玉県にある「聖天宮」と都内スタジオで撮影。

MVでは、老師とカンフー少女による修行の様子が描かれており、成長したカンフー少女が発生させたエネルギーに、メンバーが次々に吹き飛ばされて行く様子が見どころ。このビデオの中で春日は、中華料理屋の店員として、老師とカンフー少女に出前を届ける役で出演。老師が発するエネルギーを、持ちネタである「トゥース!」で一旦は跳ね返すも、自ら出前をしたチャーハンと餃子でパワーアップしたカンフー少女のエネルギーによって、最終的には自分自身も吹き飛ばされてしまうというオチを好演。

これまで、自身のラジオ番組でチェコに対して「誰なんだよ!」と突っ込みを入れていた春日だったが、この共演で、「もうマブダチといってもいいんじゃないかな、チェコくんは」と話した。

「B.B.クイーンズ以来、久しぶりにアリなバンドが現れたんじゃないでしょうか。応援していますよ。上で待ってるんで。」 と、春日らしいエールを送っている。

なお、チェコ・ノー・リパブリックは、本日渋谷マウントレーニアホールにて、恒例のハロウィンライブを行った。「熱戦・烈戦・超激戦 天下一仮装会 〜チェコに元気を分けてくれSPARKING2014〜」と題された今回のライブでは、仮装をしたメンバーによる様々なアトラクションが繰り広げられ、その会場内の大型スクリーンで『Oh Yeah!!!!!!!』のMVがフル尺初公開され、満員の会場は大いに盛り上がった。


『Oh Yeah!!!!!!!』リリース記念の2月の東名阪ワンマンも発表され、ますます波に乗るチェコ・ノー・リパブリック。今後の動きにも注目しておこう。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング