渡辺麻友 宮脇咲良が語るWセンターの裏側

dwango.jp news / 2014年11月2日 19時48分

AKB48の38枚目シングル『希望的リフレイン』(11月26日発売)にてWセンターとして大抜擢をされた宮脇咲良。

今回は、渡辺麻友とともに、Wセンターの意気込み、そしてMV撮影の裏側を10月31日発売の「FLASHスペシャル グラビアBEST秋号」で話した。

―新Wセンターおめでとうございます!コンビ名ってあるんですか?

渡辺麻友
ファンの方は「まゆさく」って呼んでるみたいです。すでにしっくりきていますよ。

宮脇咲良
私もそれでいいと思います。

―では、「まゆさく」が誕生した瞬間のことを振り返ってください。

渡辺麻友
まず「今回はWセンターです」と発表があったのでドキドキしました。私の名前が呼ばれる保証はないので。最初に呼ばれてほっとしました。放心状態だったので、Wセンターの相方が誰なのか、考える余裕はありませんでした。

宮脇咲良
次に私の名前が呼ばれました。

渡辺麻友
さくらたんがその場で泣いてしまってパニック状態になったので、これは「さくらたんが危ない!」と思い、みんなで駆け寄りました。

宮脇咲良
自分ではそれもわからないくらいでした。覚えているのは、まゆゆさんとぱるる(島崎遥香)さんが助けてくれたことですね。

―MVではどんなシーンが?

渡辺麻友
海辺を2人で走りました。

宮脇咲良
まゆゆさん、走るの速いんですよ。

渡辺麻友
全然速くないよ!むしろ遅い(笑)。

―どっちもどっちですよね。

渡辺麻友
でも、風がビュービュー吹いてたから髪がなびいてて、速く走っているように見えます。風のおかげです。

宮脇咲良
台風の影響で天気が悪かったのに、2人の撮影になった途端、空が晴れ渡ったんです。

―天もWセンターを祝福した、と。そんな2人の共通点というと?

渡辺麻友
宝塚好き!「ねえねえ、アレ観た?」って話す関係です。

宮脇咲良
宝塚のDVDを観て、楽しんでいます。最近、初めて生で拝見させていただきました。(写真/Takeo Dec. スタイリング/牧野香子 ヘアメイク/オサレカンパニー)

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング