タワレコ×FM802イベントにMWAM、Dragon Ash、テナーらが熱狂

dwango.jp news / 2014年11月4日 20時3分

11月3日(月・祝)、タワーレコードの日本上陸35周年、そして今年開局25周年を迎えるFM802との共催によるライヴ・イベント「TOWER RECORDS 35th & FM802 25th Anniversary Special Live FACE THE MUSIC! 2014」が神戸ワールド記念ホールで開催。

各バンドのステージでもその感慨が語られていたが、日本のロック・シーンにおいて確固たる地位を築いている 同世代の面々が一堂に会すというありそうでなかったラインナップ、さらに新進気鋭の若手も参戦し、各々が圧巻のパフォーマンスを披露した。そんな当日の模様をお届けする。

オープニングは神戸出身の4人組、KNOCK OUT MONKEYが登場。MCではメンバーが「初めましての人もたくさんいらっしゃると思いますが……」と言っていたものの、並み居る先輩バンドを前に、さすが地元っ子!という威勢の良さを見せてくれた。

冒頭のベース・ソロからもうカッコイイ(途中のタッピングにも目が離せなかった!)、間もなくリリースされるニュー・シングル『How long?』、ヴォーカルのw-shunがマイク一本でステージ狭しと動いて観客を煽りまくった『Scream & Shout』を序盤のピークに、曲展開もユニークな代表曲『Paint it Out!!!!』では途中のアイランド・ポップ風パートでサビメロを合唱するオーディエンスの声が聴こえてきたり、ラストのダンスホール・テイストな『Wonderful Life』では観客がタオルをブンブン回す光景も。

ロック・バンドのライヴに適さない表現かもしれないけれど、これもホームたる所以か、とてもアットホームな雰囲気に包まれていたのが印象的だ。お初の人も含め、集まった人々の心にしっかりと爪痕を残すパフォーマンスだったはず。

JESSEのソロ・プロジェクトからPay money To my Painのメンバーらも擁するバンドとして再出発を果たし、さらなる進化を遂げたThe BONEZ。 今回は、12月からスタートするツアーにて会場限定でリリースされる新作からの楽曲も披露され、彼らの新たな魅力に触れられるステージとなった。

繊細さと大胆さを併せ持つギター・サウンドが新味の『Place of Fire』、ヘヴィーなボトムがお腹に響くサイケな『GIMCRACK』と対照的な2曲を冒頭から立て続け、さっそくこのバンドの懐深さを見せつける。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング