金爆を超えるか?注目エアバンドMASOCHISTIC ONO BANDメジャーデビュー

dwango.jp news / 2014年11月14日 16時25分

人気ラジオ番組「神谷浩史・小野大輔のDear Girl~Stories~」生まれたエアバンド、MASOHISTIC ONO BAND(MOB)が12月10日にメジャーデビューすることが決定し、その発表会見が文化放送で行われた。

今回のメジャーデビュー前にも2013年2月の武道館で行われた番組イベント「Dear Girl~Stories~Festival Carnival Matsuri」で鮮烈デビューを果たし、同年11月には埼玉・三郷での番組イベントでもライブを披露、香港でのPV撮影も経験済の彼ら。12月10日に新曲3曲を含む7曲入りのメジャー初となるミニアルバム『Masochistic Over Beat』をリリースする。

会場となった文化放送メディアプラスホールには、大勢の報道陣が詰めかけ、彼らのメジャーデビューに関して、どのうような発言があるのか期待する空気が漂う。進行役の文化放送・砂山圭大郎アナウンサーの呼び込みに、俯き加減でツインVo.リーダーONO-DとHIRO-C、Gu.3M、Ba.DO-S、Key.YAGI84、Dr.CHANKOの6名が静かに壇上へ。

一種異様な張り詰めた雰囲気の中、砂山アナからの質問に答える形で会見は始まり、バンド結成のいきさつとバンド名の由来について聞かれたONO-Dは「そうだなあ・・・、一言で言うと「運命」。」と切り出すと、HIRO-Cが「オレとONO-Dがすぐそこの餃子屋で「バンド組まねえ?」てことになったことで、すべての運命が回りだしたよね。バンド名はリーダーのマゾ過ぎる性格を入れたほうがいいよねってことで。」と語り始め、このほどメジャーデビューすることについてはONO-Dが「そうだなあ・・・、一言でいうと…祭り。」、すかさずHIRO-Cが「つまり、どういうことかと言うとは、メジャーがオレたちをほっとかなかったってこと。」と続ける。

さらに「エアバンドということだが、ボーカルはエアではないですよね?」という。砂山アナからののするどい問いかけに少し憮然としたONO-Dだったが、「ボーカルはエアじゃないよね、でもエアな気持ちでやってる。一言で言うと…空気だよね。」と切り返した。またすかさずHIRO-Cが「つまり、どういうことかと言うと、空気がないと生きていけないように、オレたちの歌もなくてはならない存在、あって当たり前、ないと死ぬ。みたいなそれくらいのモノじゃないといけないよねってことです。」と語る。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング