クリープハイプ、即完のライブハウスツアーに続きホールも決定

dwango.jp news / 2014年11月19日 13時5分

12月3日発売にニューアルバム『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』をリリースするクリープハイプの全国ホールツアーが決定した。

3月21日の市川市文化会館を皮切りに全13箇所15公演で展開される今回のツアー、先日チケットが発売され即完売したライブハウスツアーのタイトルが「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう前編」と題され、ホールツアーは「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう後編」ということで、ニューアルバムをライブハウスとホールという対のシチュエーションで違った演出を体感出来る必見の内容になりそうだ。


クリープハイプモバイルでは会員先行予約がスタートしているので是非エントリーしよう。一般の方には12月3日発売のニューアルバム『一つになれないなら、せめて二つだけでいよう』にも先行予約がシリアルナンバーが封入されているのでそちらもチェックしていただき、確実にチケットを手に入れよう。

ニューアルバムは先行シングル『寝癖』『エロ』『二十九、三十』『百八円の恋』他全12曲を収録。発表済みの楽曲タイトル、ラインナップを見ただけでも興味がそそられる必聴の作品になっている。

更に初回盤DVDには『ストリップ歌小屋~浅草ロック座~』と題された、東京・浅草ロック座で行われた今アルバム収録曲を“全曲”パフォーマンスされたシークレットライブ映像が収録されるという、即完売必至のプレミアムな特典も発表。こちらは初回限定盤のみ収録とのことで確実に予約をしておきたい。

そしてこのアルバムの魅力が詰まったスペシャルサイトもオープン。こちらも新企画が今後続々展開されるということで引き続き動向に注目だ。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング