福原香織とRABラストライブ大成功そして、FUNCTION6ch始動

dwango.jp news / 2014年12月2日 17時9分

福原香織とRABが、11月30日(日)に原宿アストロホールにて開催されたラストワンマンライブを大成功におさめた。

天気予報では、降水確率20%をきっていたにも関わらず、雨の降り出した日。レイニープリンセスという称号を持つほどイベントやライブでは毎回雨を降らすボーカルの福原香織の影響力を改めて実感しつつ、ライブはスタート。

会場は満員御礼!客電が落ちて、スクリーンにはオープニング映像が映し出された。観客のボルテージが絶頂に達した時、6人がステージに登場、ライブがスタートした。

オリジナルはもちろん、レギュラー番組でユーザーから募集したアニソンメドレー「お前らが決めたんだぞメドレー」など多彩なステージ。楽曲ごとにキャラクターが変化する七色の歌声と超絶パフォーマンスが繰り広げらる。

お腹がいたくなるくらいめいいっぱい笑ったり、泣いたり、真剣になったり。MCもこのグループ魅力だ。笑いと感動と衝撃が渦巻くライブは地下にも関わらず会場が激震しまくっていた。そして、今回は、映像演出も加えられ、パフォーマンスだけでなく、キャラクターも十二分に楽しめる内容になっていた。

涼宮あつき「福原香織とRABというアニメが終わり。FUNCTION6chというアニメが始まります!」

マロン「今日は終わりじゃなくて、始まり。これからもどんどん進化するので見続けて欲しい!」

けいたん「俺たちを通していろんな場所へつれてくよ。楽しくいこうぜ。言いたくないけど、お前ら大好きだ!」

ドラゴン「誰一人欠ける事なく、新グループになります。名前は変わるだけ。進化は続く!」

ムラトミ「変化したり、進化したりするといろんな言う人もいるけど、僕たちは真剣に届ける!」

福原香織「不器用な6人。頑張ること、精一杯やることしかできないけど、応援して欲しい!もっと大きな会場へみんなを連れて行きます!」

ライブ会場は、目から汗が流れる人が続出したが、悲しい涙ではなく、未来を共に目指す感動の涙だった。

「そもそも”福原香織とRAB”は何だったのか?」

声優でボーカルの福原香織、ニコニコ動画踊ってみた王者の涼宮あつき、世界を制したブレイクダンサードラゴン、右手の描くファンタジスタのマロン、パフォーマーのみならず社長としても活躍するDJけいたん、宇宙一やばい男ムラトミの6人が集結したグループ。

ワンマンライブを持って、3年間の活動、苦難や壁を乗り越えてテレビ番組の企画ユニットから脱却し、アーティストへと進化を遂げたのだ。新名称は「FUNCTION6ch(ファンクション・シックス・チャンネル)」6つの才能、6つの個性。友情、絆、努力、苦悩、勝利、憧れ。アニメの主人公のような6人が集まったグループへと。

Twitterのハッシュタグ「#福原香織とRAB」と「#FUNCTION6ch」には、ライブの感想やこれからも応援し続けるファンの熱いメッセージが多数投稿され続けている。

さらに、2015年1月22日では、初ワンマンを実施した想い出の場所、morph TOKYOにてFUNCTION6chとしては初となる公開生放送イベントの実施が決定した。只今、オフィシャルホームページでは最速チケット先行予約中。毎回イベントやライブでは重大発表があるグループだけに次も楽しみだ。

動員は前回開催されたワンマンライブの倍となる約800人となり、改名後もさらなる飛躍が期待される。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング