元モー娘。新垣里沙と吉川友が「ストーカー」「放火」「死刑」過激な舞台に挑戦

dwango.jp news / 2014年12月3日 18時22分

東池袋・あうるすぽっとにて劇団「秦組」vol.6「くるくると死と嫉妬」が開演した。

この舞台で、元モーニング娘。新垣里沙と吉川友の共演、またハロー!プロジェクトからハロプロ研修生の山岸理子、カントリー・ガールズ山木梨沙、スマイレージ相川茉穂が出演し話題となっている。

今回、上演前に公開稽古を開催。物語は、ERを舞台に、「不老不死の薬」「ストーカー」「放火」「死刑」「臓器移植」などセンセーショナルなテーマが勢揃い。ピアノと津軽三味線の生演奏の中で、つかこうへいイズムの継承者の一人である秦建日子の演出が光る。

新垣里沙が抜群の演技力を魅せ、吉川友もLIVEでは見られない迫真の演技で舞台を盛り上げる。演技派の共演者に負けじと個性を発揮する二人の姿は舞台上で輝いていた。

また、ハロプロ研修生の山岸理子、カントリー・ガールズ山木梨沙、スマイレージ相川茉穂も「明るい悪魔」という難しい役どころながらしっかりとセリフを合わせ、スピーディーに入れ替わる展開にしっかりと対応。

今回、ただの「アイドルの舞台」と思わない方がいい。本格的な秦建日子の演出、そして複雑に絡み合うストーリー。そして、それにキチンと応える新垣里沙と吉川友。そして、山岸理子、山木梨沙、相川茉穂。この「くるくると死と嫉妬」、見ないと絶対に後悔しそうな作品となりそうだ。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング