鬼龍院翔がダウト幸樹に「花見桜幸樹」と命名、ムード歌謡に転身?

dwango.jp news / 2014年12月4日 12時0分

ヴィジュアル系初となるオリコン演歌歌謡チャート1位(シングル『中距離恋愛』)を獲得する他、V系の異端児としてその名を馳せるダウト。

そのフロントマンでもあり、ヴォーカリストの幸樹が、来年2月にムード歌謡歌手としてソロデビューすることが明らかになった。

アーティスト名はプライベートでも親交の深いゴールデンボンバー・鬼龍院翔がソロネームとして、“花見桜幸樹(はなみざくら こうき)”と命名。

楽曲は哀愁感たっぷりのメロディに、昭和の残り香漂うラテンビートのムード歌謡。振りやポーズも盛り込み、多くのユーザーに楽しんでもらえる作品となる予定だ。

今回のソロデビューに対し幸樹は、「素直に自分の歌を求めて下さるのは至福の極みです。尊敬できる仲間に命名してもらった以上、その名に恥じない様どうせやるなら中途半端にはせず、とことんやり切りたいと思います。皆様どうぞよろしくお願いします。」とコメントしており、あくまでも真面目に歌謡歌手としてとり組む姿勢でヴィジュアルもこれまでのV系から一転、メイクや衣装も歌謡歌手仕様となる。

ぜひ“ダウト”とは別顔の、新人歌謡歌手“花見桜幸樹”に注目して欲しい。来年1月からは歌唱イベントも予定しているので、HPなどを要チェック。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング