スキマスイッチ 10年振りのファン触れあいイベントに感激

dwango.jp news / 2014年12月7日 14時59分

12月6日(土)スキマスイッチが東京・ゲートシティ大崎にて、約3年ぶりとなるニューアルバム『スキマスイッチ』発売記念フリーイベントを開催、ライブ終了後、集まったファン2000名に囲まれ、ハイタッチ会を行った。

2004年ファーストアルバム『夏雲ノイズ』時インストアイベント以来、約10年振りのファン触れあいイベントとなった。

ゲートシティ大崎にスキマスイッチが登場。「どうもスキマスイッチです。今日は僕たちのニュー・アルバム『スキマスイッチ』発売記念イベントということで、こんなにたくさん集まって頂き、嬉しいです。ありがとうございます。短い時間ではありますが、僕たちも楽しみたいと思いますので、皆さんも最後までゆっくり楽しんでいってください。』と挨拶、代表曲『奏(かなで)』を披露し、詰めかけた2000人を一気にひき込んだ。

続いて、スキマスイッチの真骨頂、ポップでストレートなラブソング『パラボラヴァ』(12月3日発売AL収録曲)で会場の空気はあたたまる。「皆さん、改めまして、ニュー・アルバム『スキマスイッチ』聴いて頂けましたか?今回、6枚目のアルバムにセルフタイトルを付けまして、デビュー12年目で6枚目のアルバムは少ないと思うだろうけど」と語り、「自分たちで作詞・作曲・プロデュースをしているので、時間がかかりましたが、自分たちがやりたいことを全て詰め込みました。」とセルフタイトルをけた自信作であることを伝えた。

「次の曲はアルバムと同時発売のシングルでもあり、今日はピアノ一本でCDとは違った楽しみ方をして頂ければと思います。聴いてください…。」と、12月6日全国公開のアニメ映画「THE LAST-NARUTO THE MOVIE-」主題歌としても話題となっている、最新曲『星のうつわ』(12月3日同時発売SG、AL収録曲)をエモーショナルな演奏と力強い歌声でオーディエンスを魅了した。

「デビュー前からの僕らの音楽人生すべてが詰まったアルバムです」とアピールし、ラスト『全力少年』で、コール・アンド・レスポンスで会場が一体となり、ライブ終了。

オーディエンスの興奮が冷めやらぬ中、再びスキマスイッチが登場し、ハイタッチ会がスタート。ライブに始まり、ハイタッチ会まで、終始、アットホームな雰囲気で、笑顔のたえないイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

12月7日(日)は関西・あべのキューズモール、阪急西宮ガーデンズにて、ニュー・アルバム発売記念フリーイベントを行う。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング