テクノポップアイドル Cupitron初ワンマン大成功

dwango.jp news / 2014年12月15日 16時41分

現在のアイドルシーンに最先端のテクノ・エレクトロサウンドが加わった次世代テクノポップアイドル「Cupitron」が、12月13日(土)東京・新宿RUIDO K4にて初めてのワンマンライブを開催した。

キュピトロンは今年9月17日に1stシングル『ユニコーンパレード』でCDデビューした、浜田彩加(はまださいか)、山川ニ千翔(やまかわにちか)、宮川里奈(みやかわりな)の3人組。デビュー前からSNS等で話題となり、6月に配信デビュー後の渋谷REXでのお披露目ライブは僅か12分で完売、夏はTIFや@JAMなど大型フェスにも参戦、センターの浜田彩加は9月にNHKのドラマに出演、数々のグラビアにも登場、と新人としては異例の活躍で各所から注目を浴びており、初のワンマンライブ開催には話題の3人の姿を観ようと多くのファンが駆けつけた。

「overture」の曲と共に少し緊張した面持ちで登場したキュピトロンの3人だったが、会場からの声援を受け、すぐに笑顔になりテクノサウンドに合わせたキレの良いパフォーマンスを次々と披露した。ライブでは、プロジェクションマッピングによる様々な映像が映し出される演出もあり、会場をまさにCupitronのColorfulPopWorldで彩った。

終盤、アンコールに応えて披露されたのは、再び彼女たちのデビュー曲『ユニコーンパレード』。思い入れの強い一曲ということもありメンバーのテンションもMAXで大盛り上り。ライブの最後には、2月11日にセカンドシングルをリリースすることを発表。詳細は後日追って発表されるとのことだが、ファン達待望のニューシングルということもあり会場は熱気と歓声に包まれた。

アンコール終了後には突如バースデーソングがかかり場内大合唱の中バースデーケーキが登場。今月27日に15歳になる浜田彩加を祝う演出で本人を驚かせた。浜田にとっては初めての生誕祭であり、初めてのワンマンライブと共に思い出深い一日となった。1月からは渋谷REXでのマンスリーワンマンライブ「Galaxy Party」ライブも決定しているキュピトロン、2月のシングルに関してもまだ大きな発表がある様子だ。2015年もキュピトロンの3人から目が離せない。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング