平井堅 恒例クリスマスLIVEが一瞬オリエンタルに

dwango.jp news / 2014年12月24日 15時36分

平井堅が、毎年恒例のアコースティックスタイルで聴かせるクリスマスLIVE「Ken’s Bar 2014 Winter」を一足早く、12月23日(火・祝)にマリンメッセ福岡にて開催した。 

Ken’s Barのクリスマス公演は昨年は横浜アリーナで開催されたが、福岡でのKen’s Barは2011年のクリスマス公演以来3年ぶりの開催となった。

LIVEはクリスマスのスタンダードナンバー『Let it snow』のアカペラカヴァーで幕をあけ、「メリークリスマス!Ken’s Barへようこそ、平井堅です。今日はクリスマス・イブ・イブ、いろんな所から大切な時間を割いて会いに来てくれてありがとうございます。今日は絶好の日。祝日でクリスマス・イブ・イブでホーリーでラブリーでメルティーでスィーティーなこの夜を共に忘れられない夜にしようじゃないか!めんたいボーイズ&ガールズ!!」と観客に向けて挨拶すると会場はそれに呼応するように大きな拍手に包まれた。

この日のLIVEもKen’s Barならではのシンプルなアコースティック編成で平井堅の新旧オリジナル楽曲を続々とパフォーマンス。クリスマスムードに包まれた会場はその歌声に酔いしれた。


そして1st STAGEのラストでは先日リリースされたニューシングルに収録されている新曲『ソレデモシタイ』をアコースティックスタイルでLIVE初披露!

『ソレデモシタイ』は全編インドで撮影されたMUSIC VIDEOが話題騒然となり、動画再生回数は既に200万回を超える勢い。TV番組にもインド人に扮した格好で登場して歌って踊るパフォーマンスで大反響を呼んできた。さらに先日はそのインド人の格好で一般企業の忘年会にサプライズ乱入しインド人ダンサーらと共にボリウッドダンスを披露し、大きな話題を振りまいている。

今回のLIVEでもそのサプライズ乱入に参加した、福岡在住のインド政府公認のボリウッドダンサー“ナタラージャン・ニーラカンダン”氏を従えてパフォーマンス。 クリスマスムードに包まれた会場をオリエンタルな雰囲気に一変させた。

パフォーマンスを終えるとインド人ダンサーの“ナタラージャン・ニーラカンダン”氏が平井堅からマイクを奪い、「この後、休憩をはさんでセカンドステージへと続きます。それでは着の身、着のまま、木の実ナナでお待ち下さい。」というKen’s Barではお馴染み平井堅の挨拶をインドの言葉で言い放って会場を多いに沸かせた。

他にも映画「ANNIE」の主題歌『Tomorrow』のカヴァー、NHKドラマ10「さよなら私」の主題歌『おんなじさみしさ』といった話題の楽曲もLIVE初披露となった。LIVE後半は『POP STAR』『Love Love Love』といったお馴染みのヒットソングの数々のも披露。会場の盛り上がりもピークに達した。

さらにアンコールでは宇多田ヒカルのクリスマスソング『Can’t Wait til Christmas』のカヴァーを披露。クリスマス・イブの前日に一足早く、福岡の夜をクリスマスムードに染め、その美声で9000人の観客を酔わせた。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング