Kaleido Knight 最大規模のワンマンライブ大成功

dwango.jp news / 2014年12月24日 17時43分

馬と「壁ドン会」で話題の4人組ダンスボーカルグループのKaleido Knightが自身最大規模のワンマンライブを無事に成功させた。

12月23日に六本木ブルーシアターにて開催された「Kaleido Night vol.6 ~AOA~」では、新曲2曲を初披露の他、企画コーナーがあったりと、ライブだけではなく、楽しめる内容となった。曲中にはもちろん「馬」も登場し、観客を沸かせ、彼ららしい、笑いあり涙ありの2時間を全速力で駆け抜けた。

Kaleido KnightはライブのMCで「今回のライブのコンセプトは12月10日に発売したシングルの楽曲のテーマにもなっている、”ありがとう”という言葉です。「ありがとう」という言葉や感謝を今、伝えられる人に、伝えられるうちにしっかりと気持ちを伝えて欲しいんです。そして、いつも支えてくれている、KK famや、スタッフのみなさんや家族のおかげで今もこうやって僕たちはステージにたって大好きな歌を歌えています。多くの方に感謝しながら、僕たちは前に進んでいくので、絶対に後悔させないし、もっともっと大きくなっていくので、ずっとずっと、ついてきてください。」と話した。

Kaleido Knightは2012年8月24日に結成。2014年2月14日には、日本テレビ「ミュージックドラゴン」ドラゴンズアイに出演、8月にも日本テレビ「ミュージックドラゴン」パワープレイに5th Single『Time』が決定!そして今回は2014年12月1日~1月末の2ヶ月間、TBS「SUPER SOCCER」のエンディングテーマに12/10発売の『ありがとうと思わせてくれてありがとう』が抜擢されるなど、猛スピードでボーイズユニットシーンを駆け上がっている。今後もKaleido Knightから目が離せない。

dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング