MERRY テツ突然の復帰にファン絶叫

dwango.jp news / 2015年1月6日 18時6分

MERRYが1月2日、渋谷公会堂にて単独公演<Grateful Year 2015 ヴァニラスカイアバンギャルド>を開催。同ライブのアンコールでは、怪我のリハビリのため1年以上MERRYから離脱していたテツ(B)がライブステージに登場しファンを驚愕させた。

さらに、全国ツアー『MERRY Grateful Year 2015 NOnsenSe MARkeT B1』が発表された。

2015年、MERRY一発目のワンマンライブは、ニュー・アルバム『NOnsenSe MARkeT』が初期の自分たちを彷彿させるごちゃまぜ感たっぷりのMERRYらしいアルバムになったということで、新作からの楽曲と初期の楽曲を中心にプレイ。ロックバンドとしての揺るぎないオーラを持ちながらも、パンクあり、アコースティックあり、哀愁レトロな歌謡曲や歌ものもあり。客席にはガラ(Vo)が柄杓でまく水や、カラーテープの代わりにトイレットペーパーが飛んでくる演出など、まさにナンセンス極まりないMERRYがてんこ盛りのアクトでオーディエンスを魅了。最後にはテツが加わった5人のMERRYで、観客に大感動をもたらし、バンド史上忘れられない素晴らしい一夜となった。

この日は開演を知らせるブザーが鳴ると、まずはステージにネロ(Ds)、結生(G)、健一(G)の3人が登場。『iNtO the mARkeT』を生演奏した後にガラが加わって『NOnsenSe MARkeT』というオープニングで、昨年発売したばかりのニュー・アルバム『NOnsenSe MARkeT』の流れをいち早く再現。その後は「ヴァニラスカイアバンギャルドへようこそ!」というガラの叫び声から『不均等キネマ』『ジャパニーズモダニスト』と,序盤から飛ばし気味にオーディエンスを熱く盛り上げた。

中盤は多彩なMERRYの楽曲を次々と披露。健一のギターの音色にからみつく結生の歌、ガラの揺れる腰など、これまでにないMERRYで観客の目を釘付けにした『暗闇にピンク』。ネロがドラム台から離れてカホンを、ギター隊はエレキをアコギに持ち替えて始まったアコースティックゾーンでは、この季節にぴったりな『チック・タック』『路地裏哀歌』をガラが哀愁感たっぷりに届け、その哀愁感がマックスに高まったところで極めつけの「Hide-and-seek」を投入。ここでは“歌もの”MERRYでオーディエンスの心をしっとりと包み込む。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング