ALIVE メンバーから最新コメント到着

dwango.jp news / 2015年1月7日 0時0分

1月6日に池袋RUIDO K3で行われた「ALIVEミニワンマンライブ」と、ファンクラブの会員を対象にした「FCイベント」のステージから、ギターの要が復帰。5人編成で活動を再開したALIVE。

ミニライブでは、アンコールを含め全部で13曲を演奏。最新シングル『オトギバナシ』収録楽曲をいち早く披露すれば、彼らの歴史を垣間見れる構成にもなっていた。またFCイベントでは、「『オトギバナシ』製作ぶっちゃけ話」や「メンバーお絵描き対決」「メンバーの2015年のガチ占い企画」や、「握手会」など、メンバーのプライベートな姿をたくさん見れるトークと企画で楽しませてくれた。

この日は、1月7日(水)に発売となる最新シングル『オトギバナシ』の先行販売も実施。購入者特典としてDVD『「本人が弾いてみた」動画』もプレゼントしてくれた。

この日のライブでは、2つの嬉しい発表が成された。一つ目が、1月16日よりTBS系テレビ「おーくぼんぼん」のエンディングテーマ として『オトギバナシ』が流れるというニュース。二つ目が、仙台・名古屋・大阪で「ALIVE主催のツアー・イベント「ココロツナガル」」を行うということ。

シングル発売後となる1月下旬から2月頭にかけても、大阪・名古屋・仙台・東京でリリース記念のALIVE主催ツアーも行われる。さらに、3月27日(金)には、TSUTAYA O-WESTを舞台にワンマン・ライブ「CROSS OF HEARTS-ココロトココロ-」も決定している。その後も、いろんな展開やリリースを構想/予定しているように、今年のALIVEの活動に、ぜひ熱い視線を注いでいただきたい。最期に、メンバーからのコメントを寄せておこう。

「『オトギバナシ』という曲は自分の中でもチャレンジしたものでした。歌詞についてはデモの時点で構成が複雑だったのでそれを活かして世界観を大事にして作りました。歌い方も主人公になりきって今までよりも感情的に歌えています。この主人公の叫びのように表現しました。この曲の主人公のように「愛されたい」という気持ちは誰しもが抱く感情だと思うんです。だからこそ自分から誰かを「愛す」ことを忘れないでほしいというメッセージを込めました。2015年はまた5人でALIVEだというところを思う存分見せたいと思います。そしてこの5人で3/27のo-westへ向かって駆け抜けます。」(ソラ)

「この曲はかなり前に土台が出来ていました。そこから悩みに悩んで捻り出して出来た曲です。今までの僕たちとは違ったものを出したくてリリースも決まったので悩んだ甲斐があったなと思いました。ライブの事も考えて作った曲なので是非沢山の人に聞いて欲しいなと思っています。そして、復帰後にライブでどう化けて行くのか見るのもとても楽しみです。」(要)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
dwango.jp news

トピックスRSS

ランキング