あいみょん 台湾で初の海外公演決定、ライブ当日はサイン会も実施

dwango.jp news / 2018年4月24日 13時7分

官能的なアッパーチューン、4thシングル『満月の夜なら』を4月25日(水)にリリースするあいみょんが6月22日に初の海外公演となる台湾公演「AIMYON TOUR 2018 -TELEPHONE LOBSTER- ADDITIONAL SHOW “TAIWAN”」を開催する。



2016年11月にリリースされたメジャー1stシングル『生きていたんだよな』が主題歌として起用されたドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」(テレビ東京他)が台湾国内でヒットし、その名が台湾に知れ渡ったあいみょん。KKBOX台湾で『生きていたんだよな』がJ-POPランキング1位を記録!さらには2017年9月にリリースされた1stフルアルバム『青春のエキサイトメント』は台湾盤もリリースされるなど、台湾においての知名度も急上昇している。

当台湾公演は2018年3月からスタートし全公演ソールドアウトとなった全国ワンマンツアー「AIMYON TOUR 2018 -TELEPHONE LOBSTER-」、4月から番外編として開催され全公演ソールドアウトとなった『「AIMYON TOUR 2018-TELEPHONE LOBSTER- 番外編 「BOIL」』の追加公演として実施される。公演のチケット受付は5月6日正午12時から台湾国内のファミリマートFamiport及び、FamiTicketチケット販売サイトで同時発売となる。

ライブ当日には特別企画として会場でアルバム『青春のエキサイトメント』を購入すると、限定の特典ポスターをプレゼントする企画も実施、ライブ後のサイン会では100名限定であいみょん本人がそのポスターにサインも行う。

さらにはライブに向けて5月15日〜5月17 日に台湾でのプロモーションツアーを開催されることも決定。プロモーションツアーの情報は追ってアナウンスされる。ぜひ6月22日のライブと合わせて楽しみにしていてほしい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング