真野恵里菜 結婚後初めて公の場、見納め?制服姿「意外といけるね」

dwango.jp news / 2018年8月4日 20時42分

動画配信サービス「Paravi」のドラマ「SPEC サーガ黎明編『サトリの恋』~あなたの心、一生サトリます~」の舞台挨拶が行われ、主演の真野恵里菜と植田博樹プロデューサーが登壇した。サッカー日本代表・柴崎岳(ヘタフェ)と7月に結婚した真野は、結婚発表後初の公の場になった。

今作ではサトリの高校時代を演じたそうだが、「サトリのスピンオフをやるのにどうするのかわからなかったんですよ。実際に年齢よりも前の年齢を演じなくてはいけなかったんです。8年の間に年を重ねているので、高校生に戻ったときのサトリを27歳の私が演じるのですが、そこで制服を着ることになって、衣装合わせが本当に怖かったです。いい意味なのか悪い意味なのかわかりませんけど、監督をはじめスタッフの皆さんが「意外といけるね」と言ってくれました。この言葉を聞いて大丈夫かなと思いました。もう高校時代を演じることが少なくなっているので、着るたびに今度こそ制服納めかなと思っていました。今度こそこれがそうなると思います」と語る真野。


この日スケジュールの都合で欠席した堤幸彦監督からお祝いのビデオメッセージが届き、「ご結婚おめでとうございます。こんな日が来るとは思いませんでしたというのが実感ですけど、娘を嫁がせる親の気持ちなんか俺にはないと思っていたけどあったんですよね」と感慨深げに語り、「幸せになってもらわないと困るんですけど、ボクとしては女優としてもまだ頑張っていただきたいと思います」とエールを送った。

結婚について聞かれた真野は、「実感はわかないですけど、本当にたくさんの人に祝福していただいて、人生で一番おめでとうという言葉を言われました。本当にたくさんの人にこうやって祝福していただけるのは嬉しいことですし、今度はどうなるかわかりませんけど、新しい世界に入ったのでお互いやりたいことをやって、尊重し合えたらいいなと思います。昨日も友達と歩いていたら、ランニングをしていた方が一度通り過ぎたのに、私のところに戻ってきて「真野ちゃん結婚おめでとう」って言ってくれました」とみせた笑顔は、いままでの真野ちゃんよりさらに輝いた笑顔だった。

なお同作は9月29日から動画配信サービス@パラピ」で配信される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング