「旅猫リポート」Bronze Award受賞、あまりに多くの人が涙し現地スタッフも驚き

dwango.jp news / 2018年8月8日 10時55分

2012年の発売以来、有川浩作品の中でも1,2を争うほど評価が高く、舞台、ラジオドラマ、絵本、朗読劇と、数多くメディアミックス展開された「旅猫リポート」。原作者の有川浩自身も、過去のインタビューで「一生に一本しか書けない物語」と表現するほど思い入れの強い作品で、自ら脚本開発にも参加している。

猫が主要なキャラクターとして登場し、全編にわたって高度な演技が求められることから、映像化困難とされてきた本作だが、満を持して主人公の悟を福士蒼汰、ナナ(猫)の心の声を高畑充希が演じることで完全実写化した。

そしてこの度、カナダのモントリオールで行われた第22回ファンタジア国際映画祭にて、観客の人気投票による“Bronze Audience Award for Best Asian Film”を受賞した。

映画祭で映画を観た観客は、500人を超え、「ナナ(猫)の可愛さに前半には笑いが起こり、最後にはナナに心を奪われた」、「ストーリーの最後に衝撃を受け、会場が感動に包まれた」、「こんなに泣いた映画は初めてだ」と感動のコメントが多く届いている。

また、現地の会場にいたスタッフからも「映画でこんなにも多くの人が涙を流しているのは初めて見た。」と驚いた様子も伝えられている。

原作も世界16か国で翻訳・発売されており、イギリス最大書店チェーン・Waterstonesの「The Best Fiction of 2017」に選ばれるなど国内外を問わず、多くの人に感銘を与えている。その原作の実写映画化ということで、期待値は非常に高く、多くの関心が寄せられている。

現時点で、韓国、中国、香港、マカオ、台湾、タイ、シンガポールでの配給が決定しており、この受賞をきっかけに他国での配給も期待される。「旅猫リポート」の日本での公開は10月26日(金)。


映画「旅猫リポート」
■原作:有川浩 『旅猫リポート』(講談社文庫)
■出演:福士蒼汰、高畑充希(声の出演)、ナナ
広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉/竹内結子
■監督:三木康一郎 ■脚 本:有川浩 平松恵美子 ■音楽:コトリンゴ
■企画・配給:松竹
■©表記:©2018「旅猫リポート」製作委員会 ©有川浩/講談社

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング