SNSで超話題の日本通「中国のシンデレラ」栗子、水着グラビアに恥じらい

dwango.jp news / 2018年8月27日 5時0分

「週刊プレイボーイ37号」(8月27日発売・集英社)では、SNS界隈では“栗子”として親しまれ日本のファンのハートを鷲掴みにした「中国のシンデレラ」ことロン・モンロウさんがグラビア、特集含め全16ページというボリュームで初登場している。

少数民族・土家(トゥチャ)族にルーツを持ち、高校まで地元である湖南省で過ごしたのち、大学入学と同時に上海へ。2015年、中国中央テレビの大型オーディション番組『来たれ!シンデレラ』に出演。タレント性、演技力、歌唱力、ダンスなど多くの才能に注目が集まり、グランプリに輝いた。SNS上 では"栗子(くりこ)"の愛称で多くのフォロワーを獲得している。

出川哲朗と共演した「ベビースターラーメン」の新CMも話題に。また中国最大級の音楽動画サイト「音悦台」のJ-POPランキングで1位を獲得した楽曲『PLANET』に続き、最新シングル『TOKYO漫歩』が9月19日(水)にデジタルリリースされるまさに”時の人”。

「子供の頃から日本のアニメ、マンガを見て育った」と語る大の日本通の彼女は、日本の田舎の風景も大好き。日本の自然を感じられる奄美大島で撮り下ろしたグラビア8ページほか、激辛料理が有名な湖南省出身の彼女が紹介する「都内の激辛中華食べ比べ」4ページ、中国山間部の少数民族出身のルーツや中国国営テレビが約1年をかけて選考を行った大オーディションで見事グランプリを射止めた経歴などを探ったロングインタビュー4ページと、今号は“栗子尽くし”の一冊となっていいる。


<栗子コメント>

「(母国ではなく、日本でのメディアデビューは)日本に親近感があったから。小さい頃から日本のアニメやドラマを見て育ってきましたし、J-POPも好きでした。過去に日本を旅行したときも全部いい印象しかなくて、本当に日本が大好き。ちょうど大学卒業を控えたタイミング(中国の大学は6月卒業)でお話をいただき、私自身も新しいことをやってみたかったんです。歌が大好きですし、夢を追ってみようと思いました。水着のグラビア撮影は……めちゃくちゃ恥ずかしかったです(笑)。でも、これもチャレンジだと思って頑張りました。日本での芸能活動で大変なのは、やっぱり日本語です。特に、会話はまだまだ。今も日本語学校で勉強中です」

ⓒ熊谷貫/週刊プレイボーイ  

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング