大塚 愛、廣瀬智紀×川栄李奈 W主演舞台「カレフォン」主題歌書き下ろし

dwango.jp news / 2018年10月4日 13時34分

9月にデビュー15周年を迎えた大塚 愛の新曲『Dear, you』が、本日配信リリースとなった。この『Dear, you』は、10月4日に開幕した廣瀬智紀×川栄李奈 W主演、鈴木おさむ作・演出の舞台「カレフォン」の主題歌となっている。

「カレフォン」は、何をやってもうまくいかない日々を過ごす派遣OL・茜(川栄) の元に、昔のスマホから死んでしまったはずの元カレ・駿(廣瀬)が現れる・・・。涙必須の“泣き恋”ラブファンタジーだ。今回、「カレフォン」の作・演出を手掛ける鈴木おさむからの要望で、女子の切ない恋心を絶妙に描くシンガーソングライターとして、大塚 愛の主題歌書き下ろしが実現した。

大塚 愛にとって初の挑戦となった舞台音楽の書き下ろし。オファーをもらった時の心境として「正直、私で大丈夫かな、と不安もありますが、新しい扉と化学反応を期待して精一杯取り組みたい。」とコメントした。

また、本日リリースされた配信パッケージは、舞台で流れる『Dear, you』のピアノ・インストゥルメンタルもコンパイルした、舞台「カレフォン」サウンドトラック盤となっている。舞台を観賞した後にすぐにまた「カレフォン」の世界観に浸ることができる。

『Dear, you』は、大塚 愛が15歳の時に初めて書いたメロディーが基となって完成した楽曲だという。2019年1月1日発売のオールタイム・ベストアルバム『愛 am BEST, too』にも新曲として収録予定だ。時を経て15周年のタイミングでお披露目することとなった貴重な楽曲、是非チェックしてみて欲しい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング