安井謙太郎&森田美勇人(ジャニーズJr.)、体当たりの熱演を収めた予告映像公開

dwango.jp news / 2018年10月18日 8時0分

安井謙太郎(ジャニーズJr.)が映画初主演を務める映画『ニート・ニート・ニート』が、11月23日(祝・金)より全国ロードショーとなる。デビュー作『太陽がイッパイいっぱい』(02)で、第8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾による同名小説を、『夢二〜愛のとばしり』(16)で監督・脚本を務め、さらに10月には知英主演の『殺る女』が公開を控える、宮野ケイジ監督が映画化!

さらにメインキャストに『仮面ライダーゴースト』の仮面ライダースペクター/深海マコト役で一躍知られ、さらにドラマ『陸王』など話題作にも出演し、10月公開の『旅猫リポート』にも出演を控える注目の若手俳優・山本涼介、安井と同じくジャニーズJr.の森田美勇人、3人のニートとともに旅する謎の女性・月子役には期待の新星・灯敦生が抜擢!広大な夏の北海道を舞台に、苫小牧市、札幌市、稚内市、釧路市阿寒町、清水町、帯広市、えりも町と総移動距離3300km越える、縦横無尽な逃避行を繰り広げる。

早くもSNSでは期待の声が高まる中、この度本予告映像が公開となった。退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めてしまったタカシ(山本)の前に現れたのは、高校時代の同級生で住所不定の無職・レンチ(安井)。タカシと同じく同級生で引きこもりのキノブー(森田)は、彼の思いつきで半ば強引に北海道に連れていかれる。さらに道中、月子と名乗る家出少女(灯)も加わり、北海道を股にかけた壮大な彼らの逃避行を描く。

自由奔放な性格ゆえに何かとトラブルに巻き込まれてしまうレンチと、そんなレンチに振り回される流され体質のタカシ、おとなしく神経質で、心に“傷”を抱える引きこもりのキノブー、そして無愛想の家出少女・月子。今回公開となった映像では、9mm Parabellum Bulletによる主題歌『キャリーオン』の2ビートで疾走するバンドサウンドにのせ、道内各地を渡り回る彼らの旅の様子が映し出される。いつの間にか旅の主導権は月子に握られ、ニートたちは仕方なく彼女の指示通り道内各地を縦横無尽に走り回っていく。タイプの異なる三者三様の“ワケあり”なニートたちは、時には困難にぶち当たり、時には互いが衝突し合いながらも、北海道の人情溢れる人々の出会いと触れ合いを通して、次第に今まで逃げてばかりいた“自分自身”と向き合い始めていく―。

チャランポランな<ダメニート>を演じ切ったのは、本作が映画初主演となる安井謙太郎(ジャニーズJr.)。映像内でもヤクザから逃げ回るシーンから、農場でヤギを追いかけるシーンまで、劇中でもとにかく全速力で走る場面が多く、過酷な夏の北海道ロケの中、体を張って全身全霊で役に臨んでいることがうかがえる。

安井自身も「北海道を端から端まで走り回って、総移動距離約3300キロ。キャストスタッフは勿論、地元の方々の思いもたくさん詰まった作品になりました」と語っており、その撮影は充実した様子だ。さらに、彼らの息の合ったコミカルなやり取りや、時には感情をあらわにしてぶつかり合う姿なども収められている。映画初主演ながら堂々とした佇まいで演じ切った<役者>としての安井の新たな一面を、本作では垣間見ることが出来そうだ。そんな“座長”安井と同様に、時にはもがき、葛藤しながら成長していく若者を等身大で演じ切った森田、山本、灯ら、フレッシュなキャスト陣の熱演にも注目となりそうだ。

さらにポスタービジュアルも公開!北海道の大自然をバックに、呑気な表情を浮かべるレンチを始め、彼に振り回されるタカシ、キノブー、そしてどこか悲し気な表情を浮かべる月子の姿が収められている。「生きること、サボってました」という言葉の通り、諦め半分で生きてきた凸凹トリオと謎の少女が織り成す、先の読めない旅の行方に、ますます目が離せそうもない。『ニート・ニート・ニート』は、11月23日(祝・金)より全国ロードショー。続報にご期待いただきたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング